働き始めることがゴールじゃなかった‥‥ - 優しい人・理解者限定!ニート・引きこもり脱出応援ブログ!

 

【ありんこの一歩でも前進。】→応援イラスト描いてみました。
大学卒業から6年のニート後、30歳で初めてアルバイトをした
元ニートによるニート脱出の第一歩を応援するブログです。
またニート脱出を果たした方の情報や励ましのコメントも歓迎しております。
お互い色々重く考えてしまうことも多いと思いますが、
なるべく気軽に進んでいきましょうね♪

   働き始めることがゴールじゃなかった‥‥

結論
 いいえ、
 一つのゴールだった筈です。
※気力の尽きている状態で長い文章を読むのは大変かと思います。
 何度かに分けて少しずつゆっくり読んで下さいね。


 働き始める → 期間満了、または辞めて元の生活に逆戻り

 多くの人が経験しているよくあることです。

 そこで「働き始めることがゴールじゃなかった‥‥」と感じたなら
 まだ目標設定に関する考え方がうまくできていないかもしれません。


 上手な目標の立て方というのは
 手の届く目標(ゴール)を設定することです。

 そうでないと特に意志力の弱い僕達では
 達成できずに挫折してしまいます。

 だから達成できたポイントがあったのだとすれば
 それは間違いなく一つの目標地点であって1つのゴールです。


 そして、次のゴールは慣れること、
 その次のゴールは続けていくこと、
 うっかり夜更かししちゃって朝辛くしないこと等々、
 (冬の朝は大いに意志力が低下するノデ)
 まだまだ次のゴールがある筈なんです。

 だから
 「これでおしまい!」という考え方ではいないようにしましょう。

 悩みやしんどさは普通の人でも常についてまわるものですから
 終点というのはありません。



 もし過去を振り返って
 解決しないといけないキモチがあるから続かないんだ
 と考えてしまったなら、

 トラウマというのは
 軽減はできても
 根本的な解決は容易じゃないので
 僕達によくある「考えすぎ」の状態になってしまって
 結局考えても進展はありません。

 それよりも
 今現在現状の仕事を楽しくすること、
 楽にすること、
 マシにすることや、
 元に戻った方が色んな部分で大変になることを考えた方が
 続くようになる筈です。

 もちろん接客みたいな
 多くの仲間が不向きそうな仕事を
 無理に続ける必要はないですよ。
 もっと自分にとって楽な仕事がゴロゴロありますからね。

 それは辞めたことが挫折じゃなくて
 その仕事を経験できたことが目標達成であって
 今後少し知らない人への耐性が増えたことになりますからね。


 応援クリックして頂けると喜びます!僕もいつもみんなを応援してます!
ランキングサイトへにほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
コメントはお気軽にどうぞ♪
この記事へのコメント