散歩のススメ 1 - 優しい人・理解者限定!ニート・引きこもり脱出応援ブログ!

 

ブログを引っ越しします。
新しいブログは こちら です。




   散歩のススメ 1

結論

 そこらへんの無関係な他人に
 慣れてみよう。
※気力の尽きている状態で長い文章を読むのは大変かと思います。
 何度かに分けて少しずつゆっくり読んで下さいね。


←いきなり仕事探しとかできないよ‥

-さぁ冒険の始まりだ!?-

 いよいよ5分外を歩けるようになりましょう。
 今日は1分でもいいです。
 そしたら明日2分にしましょう。
 無理のない範囲で少しずつ増やしていって
 最終的に1時間外で過ごせるようになるといいと思います。


 ここでちょっと注意点。

 〜冒険には危険がつきもの?〜

 ・夏は出かける前に水分を取るか、
  もしくは水分を持ち歩きましょう。
  熱中症注意です。

 ・女の子は暗くなってから注意、
  暗くなっちゃったら人通りの多い道、明るい道を通りましょう。
  冬は早く暗くなります。

 ・強風、豪雨など天候が荒れてるときはでかけない。(ただの雨とかならどっちでもいいよ。)
  「川の様子を見に行ってくる!」とか言って飛び出すのはもってのほか!
  帰ってこれなくなりますよ!?(;°ロ°)


 〜持っていくといいもの〜
 ・懐中電灯
  日が暮れそうなら持っていると防犯や事故防止になりそうです。

 ・傘、折り畳み傘
  雨で出る場合や天候が怪しい場合。
  雨天の散歩も それは それでいいものです。
  
  

-何時頃がいいのかな?-

 オススメの散歩時間は午前中と夕方。

 午前というのは何より生活リズムをよくする意味で効果が高いです。
 あと 日も高いので太陽の光を よりよく浴びるのにオススメです。
 太陽の光はセロトニンなる心の健康によい物質の分泌に関わるとのこと。
 
 もうひとつは夕方、ご飯前。
 リラックスによって食欲不振によかったりもしますし、
 何よりも起きてる可能性が高いでしょうから
 一番無理なくできる時間帯ではないでしょうか。
 (食べるという当たり前のことにトラウマのある僕は この時間を愛用していました。)

 オススメではありませんが、
 日の出ているうちに出掛けるのに
 何か引け目を感じるのならば、
 日が落ちてからというのも なしではないと思います。 

 もちろん治安のいい国とはいえ
 色々気を付けた方がいいですが‥。


-どこに行こう?-

 どこでもいいですが毎日違う道を通るのをおすすめします。
 また何度も出かけていると さすがに通り尽くしてしまいますので
 分かれ道は色んなパターンで思うままに進んでみるといいです。

 また少し慣れてきたら夕方の遊歩道等はオススメです。
 川沿い等にあることが多いと思います。
 車も通らなくて空気も良い、安全、
 そして何より直接関わらないでいい人が 程々に多いです。


-極力飽きないためのコース取り-

 無計画でOKです。
 なるべく毎日違う道を探検してみて
 飽きないように心がけましょう。
 
-上手な散歩コースの進み方-

 こんな地図があったとします。

散歩コースの△な例

 このようなぐる〜と回るコースだと
 1時間以内に帰ってきてしまう可能性が高くなります。

 なので

散歩コースの〇な例

 このように30分進んで
 30分別の道から帰ってくるようなコースをおすすめします。

 こうすれば1時間の目標を達成しやすいです。

 もちろん続けていると色々な道も行き尽くすと思うので
 その時はぐる〜と回るコースにしてもいいと思います。
 

-徐々に人に慣れていきましょう-

 ずっと家にいたんです。
 当然に他人との接点はなかったのに
 いきなり仕事探しで面接の人とご対面なんてしんどいでしょう。
 
 まずはそこらへんに歩いている
 何でもない人から慣れていくといいと思います。


-些細な接点から人に慣れる-

 ずっと続けていると
 挨拶して貰える等の、イベントが発生します。

 僕だと 少し年のいった女性から挨拶を頂けることが何度かありました。


 初めて挨拶してくれたのは親子連れのちっちゃな男の子でしたね。
 突然だったのと はや足で歩いていたのとで
 返すことができませんでした。

 でもそれ以降は頭の隅に意識されるようになったので
 咄嗟でも返すようになりました。

 道を聞かれるようなこともありました。
 サンクスの場所、バス亭の場所を聞かれた記憶があります。
 いいことをした気持ちになれるのがいいですね(*´▽`*)

→散歩のススメ 2 へ



まだまだ これからですが 応援クリックして頂けると喜びます。
ランキングサイトへにほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
コメントはお気軽にどうぞ♪
この記事へのコメント