面接が怖いんです‥‥ - 優しい人・理解者限定!ニート・引きこもり脱出応援ブログ!

 

ブログを引っ越しします。
新しいブログは こちら です。




   面接が怖いんです‥‥

結論

 気持ちを操作する、自己暗示。
※気力の尽きている状態で長い文章を読むのは大変かと思います。
 何度かに分けて少しずつゆっくり読んで下さいね。


 これはとても需要のあるテーマだと思います。
 答えが無数にあって、そして答えのないテーマでもあると思います。

 答えは慣れましょう?
 それは最初の1回には通用しません。
 そりゃぁ何事も慣れればOKですよねぇ。

 みんな知りたいこと、その行き着く先は
 どうすれば立ち向かえるか
 のみですよね。


 大切なのは心の持ち方です。
 とにかく色々あると思うので、色々載せてみようと思います。
 自分に合ったものをチョイスして脳にインプットしてみて下さい。
 もちろん そう思えなくてもいいですよ、
 インプット、そう思おうと心掛けてみることが大切。


-失敗してもOK、失敗を恐れないは×-
 やっぱり失敗、というより、
 その後の恥ずかしい感や がっかり感はトラウマになりますよね。
 失敗も何もない、なるようになる、終わったら終わり、もう忘れると考えます。


-失敗したら こう思おうと決めておく-
 逆にいうと何があっても成功である、という考え方。
 失敗だったとしても それが経験になった、次に活かせる、と考えます。
 ただ事後に、あれは成功だったと思う、というのでは、ちょっと不十分。
 やる前に浮かんでしまう失敗のイメージから ちょっと先に進んで
 そこから何かを掴みとれるんだ、とイメージしておきましょう。


-深く考えず臨む、適当に臨む-
 下手に準備をせず、会話しに行く程度の気持ちで。
 あれを言わなきゃ、と暗記して挑むと慣れないうちは真っ白になるわけです。
 新卒間もない頃のリクルートの無料講座の面接の練習ですら
 僕は真っ白になって金魚の如く目が泳いで口パクパクでしたね。
 空白期間後の初面接なんて、ただの踏み台でいいんです。
 場に慣れ、知らない目上な人に慣れる程度の気持ちで
 とにかく楽〜〜〜に挑むことです。

-所詮相手も何でもない ただの人-
 「面接官」なんていうけれども、裁判官とか警察官とかと違って
 何の試験もしていない ただの会社員です。
 嫌な人にあたったら案外それはラッキー?
 そんな人と一緒に働かなくてもいいんですからね。

-会ってくれるということは あなたに関心があるから-
 自分では「自信がないダメ人間」と思っている筈なのに、
 あなたに会ってみたいと思ってくれる人がいた。
 これは小さな自信に繋げられないでしょうか。
 相手もあなたを理解してから採用したいでしょうし、
 良識のある範囲で ありのままのあなたで臨めばいいと思います。


-仕事面接未体験((((;゜Д゜)))-
 僕みたいな高校大学入試の面接以外未体験だった方は
 とにかく一度 落ちても全く問題ないバイト面接に行ってみることです。
 バイトの面接なんてハイハイ言ってればOKだということがわかります。
 高校入試の面接よりも遥かに楽チンです。


 この手の情報をインターネットで調べる際の注意点です。
 「アンタそんな気持ちで成功すると思ってンの?」的なアドバイスを見かけたら
 最後まで読まずにスルーしましょう。
 こういう情報の中には まだ向かい合うべきではない、
 自分のレベルでは まだ太刀打ちできないような問題も多く含まれており、
 より恐怖し深みに ハマってしまいます。
 僕もその場で不安になって寝込んでしまったりしました。


 どうでしょうか?何か参考になりそうなのはありましたか?
 こんなのも載せてほしいっていうのがあったら よかったら教えてくださいね。
 情報募集のコーナーにも加えておきます。

まだまだ これからですが 応援クリックして頂けると喜びます。
ランキングサイトへにほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
コメントはお気軽にどうぞ♪
この記事へのコメント