祖母の死と脱ニート - 優しい人・理解者限定!ニート・引きこもり脱出応援ブログ!

 

【ありんこの一歩でも前進。】→応援イラスト描いてみました。
大学卒業から6年のニート後、30歳で初めてアルバイトをした
元ニートによるニート脱出の第一歩を応援するブログです。
またニート脱出を果たした方の情報や励ましのコメントも歓迎しております。
お互い色々重く考えてしまうことも多いと思いますが、
なるべく気軽に進んでいきましょうね♪

   祖母の死と脱ニート

僕はおばあちゃん子です。
別に一緒に暮らしていたわけではありませんが
小さい頃、大阪に住んでいたときから東京の母方のおばあちゃんが大好きでした。

※この記事は少し不安を呼び起こすかもしれません。
 もし心配そうならば読まないでおいてください。
 具体的には脱ニートのきっかけとなった祖母の死と
 そのときの僕の心情を書いてあります。
僕はおばあちゃん子です。
別に一緒に暮らしていたわけではありませんが
小さい頃、大阪に住んでいたときから東京の母方のおばあちゃんが大好きでした。


そんな祖母が亡くなったのは2011年1月17日 日曜日でした。
前日16日は妹が当時まだ0歳の子連れで来ていて、
僕は妹へのコンプレックス、劣等感で部屋に篭っていました。
17日の午前3時頃に前日16日の遅い夕食を取り、
お風呂に入ってワンピースの時間まで寝ようとと考えていました。
‥が、イマイチ調子が悪くなってきて‥‥どんどん悪くなってきて‥‥。
暑くて寒い、胸が気持ち悪い、電気毛布の布団じゃ暑いし、外に出ると寒い。
朝方になって布団からで出て、母がちょうど起きてきたので
調子が悪いことを告げると
「吐き気?」と聞かれ、これに「う、うん」と答え吐き気を認めた直後
緊張が極度に高まって気持ち悪さが増して‥‥。
そこで吐きました。同時にお尻がゆるんだかのような水の下痢便。


前に書きましたが僕は嘔吐に関して人の何倍もの恐怖心を持っています。
吐いている合間に「苦しい」「怖い」「助けて」と泣きながら訴えますが、
その時 母はもうパートに出ていて、妹もどこかに出ていたようです。


ワンピースの前、終わり際、そのあとしばらくしてと
3回嘔吐と下痢を繰り返して、さすがに気が参って
近くにある祖母の家に助けを求めに行きました。

しばらくはこたつで横になったり、お茶や生姜湯、
吐いたんならとアクエリアスを貰ったりしましたが、
こたつは窮屈なのでベッドで休んではとベットを借りました。

こたつで横になったときに腰をだるくしてしまって、
なかなか寝付かずにいて、浅い眠りですぐ目が覚めたりしていました。

途中で隣の不二家でパート中の母も来てくれて現状の原因についての話になったので
僕はヘロヘロの声で妹へのコンプレックスや劣等感があることを打ち明けました。
その後は、明日今度こそもう一度
「ちゃんとカウンセラーを受けて社会に出たい」と相談しよう等と
考えながら浅い眠りを繰り返していました。



夕方吐き気も収まってきて胃に何か入れた方がいいだろうとのことで
リンゴをひとかけふたかけ貰いました。
18時になって目が覚めてきて腰痛いな〜と思いつつ
横になったまま ちびまるこちゃんサザエさん見ていました。

19時から鉄腕Dashのスペシャルを おばあちゃんと伯父さんと3人で見ながら夕食。
自分は食欲は沸かなかったので またまた喉通るリンゴを2,3かけ食べていました。
鉄腕Dashが終わったら早々に寝ることにしていました。

その後浅い眠りをしているとトイレの方から吐くような声がしました。
そしてバタンという音と「う”〜〜〜〜」とうめくような声。

ウトウトしていて正しい判断ができなかった、
物が落ちたのか、吐くことの恐怖心、
そんなのが関わって僕がすぐに駆けつけることできませんでした。

1分か、5分か、もっとか様子がおかしいと気付いた僕は
「まさかね」と思いながら 起き上がって
トイレの前に行って見るとおばあちゃんが倒れていました。
大きい声で呼びかけましたが返事がありませんでした。
落ち着いて伯父を呼びに行き119。

次に母を呼ぼうとしましたが祖母の家の電話の使い方がわからず走って呼びに行きました。

祖母の家に戻る頃には救急車が着いていて
早いな等と思っていましたが実際はもう20分も経過していました。

その場での蘇生が施されますが脈も呼吸もなし。
高度な蘇生を希望されますかという質問に母も伯父も「はい」
母は救急車に付き添い、伯父は車で追う、僕はおばあちゃんの家で留守番を任されました。

実感がなさ過ぎてずっと落ち着いていました。
ですが布団に戻って考えることがいっぱいあります。

もしおばあちゃんが戻ってこなかったときの
「立派になった姿を見せられなかったことへの無力感」
後ろ向きだった自分が何故か前を向けそうな湧き上がってくるもの。
妹への申し訳なさ。
布団にもぐって怯え続けていましたが、続報がないので家にいるだろう妹に電話。
泣き声で「おばあちゃん心臓動かないって」
ここで僕も目が涙ぐみました。半泣き声で「そっか・・」
妹「後でまた電話するね」
僕「うん・・・ぁ いや ちょっと待って」
妹「うん?」
僕「避けるようなマネしてゴメンな、僕弱虫でずっと劣等感とか持ってて・・」
妹「ううん、そんなこと全然気にしてないよ、今度赤ちゃん見てあげて」
僕「ちゃんと真っ直ぐに見るよ」
妹「じゃぁ また後で電話するね」
涙は出ずにすぐに引っ込みました。


同時に湧き上がってきたのは「前を向かなければ」という気持ち。
しばらくウロウロしたり、ボーとしたり、
ふと仏壇の灯りをつけました。
「おじいちゃん、僕は何もしてあげられませんでした。」
「立派になった姿見せられませんでした。」
小声で言いました。

かなりしばらくして母と伯父が帰ってきました。
一緒に警察の人も来ました。一応でも事件性を確かめないといけないんですね。
最後に警察の人がすぐにおばあちゃんの元へ向かえなかった僕へ慰め言葉。
この辺りで徐々にこみ上げてきました。
母の横で泣き崩れました。胸の内を全部話しました。
「僕立派になったところ見せられなかった」
「ずっと人のせいにしてて何もできなかった」
「僕前を向きます、大人になります」
「(妹)にはさっき避けるようなマネしてゴメンって謝りました、
 だからそこはもう気に病まなくていいです」
「しばらく忙しくなるよね、落ち着いたら色々教えて」
母は「もういい、もういい」と言いましたが、
これが慰みの意味なのか「今更」という意味なのかはわかりません。

ここから先は今これからどうするかという話になりました。
寝て体休めるのは当然ですがとても眠れないでしょう。

このままおばあちゃんの家で休む選択肢もありましたが僕も家に帰ることにしました。
伯父さんは一人になりますが家族一緒の方がいいと思いました。
夜道 黙って歩いてましが
やっぱり体調崩してるのがわかって少しだけまだしんどかったです。



朝は7時半には病院だそうです。
時計に昨日の吐いたのが少しはねてる‥
僕も病院に行くほうがいいのが
家にいた方がいいのか尋ねましたが家にいることになり、
姪っ子に初めてまともに向き合いました、癒されました。



僕は掛け替えのない人を失って やっと前を向く決心がついたようです。
本音、今も重い十字架を背負っているような気持ちになることがあります。
当時の目標は墓前か仏壇で就職決まりましたっていうことでした。

そのとき考えていたことは もう少しすねをかじらせてもらって精神科に行くこと。
同時にハローワークを訪ねてみることです。

社会や大人という単語にとても臆病で引きこもり生活で孤独感もひどく
まわりの応援を求めたことを覚えています。



この後、就職活動を始め、正社員、正社員登用有りのアルバイトを探し、
29歳で第一歩を踏み出し、しばらくしてハードルを下げ
5か月後30歳で初めてアルバイトを経験します。

そして弱い自分はやはり根強く、まだ仕事←→ニートを繰り返すことになります。

最後におばあちゃん、すぐ駆けつけられなくてごめんなさい。
僕を大切にしてくれてありがとう。

PS,さすがに書いていてしんどかったですね。
  当時の記録からコピペ部分も多いのですが、
  やっぱりキズをえぐっているみたいな感じで。
  でもみなさんには同じ経験をして欲しくないですし
  なんとか書きました。



応援クリックして頂けると喜びます!僕も1日1回ツイッターで みんなを応援中!
ランキングサイトへにほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
コメントはお気軽にどうぞ♪
この記事へのコメント
初めまして、ゴーシュと申します。ニートブログを見てここにたどりつきました。これからのめのんさんに相談したいと思っていますが、メールの情報が保護されるかどうか心配で、メール相談することに尻込みしています。そこで、お聞きしたいのですが、コメント欄の相談は可能でしょうか?
Posted by ゴーシュ at 2013年06月17日 22:38
>ゴーシュさん
メールでもコメントでもどちらでも問題ありませんよ〜。
コメントなら他の方からも見えるので共有できますし、
他の方の目に触れたくない場合はメールだといいと思います。

個人のメールアドレスや
プロバイダーのメールアドレスが心配な場合は、
Gmail等のフリーメールを使用するのをオススメします。

僕も個人のメールアドレスとは別に
このブログ用のアドレスと
他インターネットでのやり取り用のアドレスを
Gmailで使い分けています。
Posted by のめのん at 2013年06月18日 00:15
EDなどの暗号化ソフトもありますが、それを使ってメールのやり取りもできますか?

共通の暗号を使って情報のやり取りをしたほうが個人情報を守れて良いかと思いますがどうでしょうか?
Posted by ゴーシュ at 2013年06月22日 17:06
>ゴーシュさん
なるほど、そういうのがあるんですね。
簡単に調べてみましたが、
フリーツールのようですし、
希望者向けに導入できないか検討してみます。

Posted by のめのん at 2013年06月22日 19:07