ざっくり自営記 6/18 - 優しい人・理解者限定!ニート・引きこもり脱出応援ブログ!

 

【ありんこの一歩でも前進。】→応援イラスト描いてみました。
大学卒業から6年のニート後、30歳で初めてアルバイトをした
元ニートによるニート脱出の第一歩を応援するブログです。
またニート脱出を果たした方の情報や励ましのコメントも歓迎しております。
お互い色々重く考えてしまうことも多いと思いますが、
なるべく気軽に進んでいきましょうね♪

   ざっくり自営記 6/18

昨日は出荷作業の後、12:45出発、21:15帰宅。

7店舗で1191商品調べ、3商品仕入れ、4050円使用。

DVDのみで冒険してきました。
なかなか見つからないのは覚悟していましたが、
とりあえず3点変えましたね。

これが買ってよかったものなのかは わかりませんが‥‥


ちょっとおかしかったんで一部が訂正されております。
↓現在こんな状況になってます。


出品数(未出品除く)412
数え始めてからの総仕入額93,239円
6/11〜6/25の振込予定金額39,770円
数え始めてからの総売り上げ269,055円



5月の結果(4/30〜5/28)
売り上げ85152円
純利39377円



応援クリックして頂けると喜びます!僕も1日1回ツイッターで みんなを応援中!
ランキングサイトへにほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
コメントはお気軽にどうぞ♪
この記事へのコメント
こんにちは
のめのんさん、僕も嘔吐に恐怖心があります。後、外食が苦手です。特に他人と。
食べるのが遅いのと、食べきれなかったら…残してはいけないってのがあって。
そんなことを考えてたら、食欲がなくなって、お腹がいっぱいに、吐き気も…って感じに。周りの人が気になるってのもあって。
昔はお茶で流し込んで無理やり食べたりしたこともありました。
親戚とかの結婚式の時は大変でした。
途中から料理は残しまくりでした。緊張もあったりして…。
ただ、周りに慣れれば、だんだんと食べれるようにはなってくるとは思うんですが…

すいません長文で。
そういえば契約社員での面接はどんなこと聞かれましたか?
人間関係(コミュニケーション)とかお昼とかはどうでしたか?初日とかは?
Posted by めろ at 2013年06月19日 13:59
>めろさん
祖母のお葬式のときは大変でした。
ただでさえ精神が滅入ってる上に、
体が拒否する中華料理店に連れて行かれて‥。

でも外食に関しては小学生当時に比べれば
随分よくなりましたね。
ファーストフード店なら残しても持ち帰れますし、
リラックスしていられます。

ファミレスも食事は重いものは頼みませんし、
ドリンクバーのみにしたりして
乗り越えています。


慣れに関しても体感してきているのですが、
間が開くとリセットされるのが欠点ですね。

学生時代に克服までいかなくても
かなり軽減してきたことが
空白期間でリセットされてしまいました。


契約社員の面接は
仕事内容のお話を聞いたり、

製本、表紙作成、写真の加工、といった
複数の部署を選べたため、その選択、

以前の仕事について聞かれたり、
 (前の仕事は外の仕事だったので
 「大変だったでしょ〜?」みたいな感じでした。)


職歴部分の空白期間に気付いたとき、
そこを聞かれたりはしました。

ここは以前と内容がかぶりますが、
「お恥ずかしながら自分に自信が持てず引きこもっておりました。
 今は前向きに頑張っております。」

正規雇用で、なおかつ意地悪なタイプの面接でもない限り、
ここはもう こういった回答で大丈夫ですね。
日本人は優しいですし、
それ以上は何もつっこまれないです。

やっぱり自己PRや志望動機は聞かれませんでしたね。

契約社員といっても
紙面でしっかり契約するといったこと以外、
定義が広いというか曖昧というかで
ここはアルバイトに近い感じでした。

ただ健康診断があったり(この採血で倒れました(笑)
月ごとに雇用契約書を提出したりと
ただ行って帰ってくるだけの以前のバイトとの違いはありましたね。


人間関係は知り合いレベルでしたね。
残念ながら友達や親友レベルにはなりませんでした。


お昼は最初のうちは若い男性一人、女性二人のグループが
誘ってくれて一緒に食べておりましたが、
その男性がお休みした日を境に
ロッカー、しばらくして休憩所で食べるようになりましたね。

その男性よりも女の子二人の方が
マンガやアニメ、ゲームといった話が合うのですが、
それでも話すのが苦手なのに黒一点になる勇気はありませんでした。

あとは食堂は賑やかで休憩所の方が落ち着くというのもありましたね。
他に午後眠くならないように
10分仮眠してコンディションを整えたりしていました。

作業時のグループは小学生のお子さんのいる比較的若いマダムと
50台のおばさんの3人でした。
こちらはずっと一緒に作業していただけになじみましたね。


初日は、まずその日からアルバイトの人が集められて説明を受けた後、
作業着を渡されて、数人ごとにロッカー→仕事場の順に案内されました。
あとはもう説明を受けて、それを実行するだけでしたね。

きりのいいタイミングで紹介されたので簡単な自己紹介はしました。
「〇〇名前〇〇です、よろしくお願いします。」程度で大丈夫です。

こんなところですね。
参考になれば幸いです。
Posted by のめのん at 2013年06月19日 15:40
なるほど、ありがとうございます。
のめのんさん、大変参考なりました。
健康診断、採血もあるんですね。
僕も倒れるかもしれません^^
ホント気の弱いビビリなんで。
ちなみに、その仕事に応募された理由は何かありますか?
未経験可とか?近場とか社員登用とかでしょうか?
Posted by めろ at 2013年06月19日 16:45
>めろさん
ひと月ちょっとの間は
自転車で片道50分という遠い場所だったのですが、
移転で近くになるのがひとつの理由でしたね。

その間に前のアルバイトのお金と
最初のお給料とでバイクを買って
新しい職場になったときは片道10分になりました。

もう一つは選択できる仕事のひとつに写真の加工があって
そこでフォトショップやイラストレーターを
使えるのではないかと思ったからです。

デザイン関連のお仕事は
アルバイトでも経験者のみ募集が多く
これで実務経験になるのではと考えました。

実際は面接で写真の加工のお仕事の中でも
フォトショ、イラレを扱うのは
女性のお仕事ということで
製本にいくことになったのですが。

未経験は可でした。
移転に伴って その前後で大量募集していたようです。
Posted by のめのん at 2013年06月19日 20:39
初めまして。なななと言います。
ニートブログから地雷屋さんのブログから行き着きました。
私もデザイン系の学校を出ており、おばあちゃん子なので、のめのんさんの凄く記事を読んで頷きました。
厳しいことを書いてるブログのほうが多くて、心が折れそうになりましたが、のめのんさんのような方もいて助かっています。

ランキング1位おめでとうございます。
Posted by ななな at 2013年06月19日 21:06
>なななさん
他のブログにもおばあちゃん子で人の死をきっかけに
何か変えようとした人がいました。

心の沈んでる人の症状は人それぞれみんな違うといいますが、
多くいればやっぱり近い人は出てきますよね。

そういった自分と近い状態を持っていた、
ダメな時期を脱した先輩に習っていけば、
現状の脱出にかかる時間も短くできるのではないかと
考えています。


厳しさって難しいですよね。

「この人は自分のことを考えて、しっかり厳しくしてくれているんだ」と
思える位、メンタルが成長していればいいんですが、
実際は追い込み、追い詰め、押しつぶされ、です。

厳しさも当然必要でしょうが、
今その時その人に必要なことかは また別ですし、
その人それぞれに合った対応ができればベストなのですが、
それも難しいですね。

でも厳しさに価値観を持っている人も
厳しく当たるから怯んだり、怖気づいたりすることに気付いて、
もう少し冷静に観察して、その人のメンタルの回復や成長に合わせて
徐々に厳しくしていくようにするとか考えてみて欲しいですよね。

優しい口調で厳しい内容を含むことは言われたことがありますが、
そういうのは気持ちが伝わったりしました。

相手のことを思うことは 大切ですね。


>ランキング1位おめでとうございます。
ありがとうございます!
Posted by のめのん at 2013年06月20日 01:48