ハードルを下げることの大切さ - 優しい人・理解者限定!ニート・引きこもり脱出応援ブログ!

 

【ありんこの一歩でも前進。】→応援イラスト描いてみました。
大学卒業から6年のニート後、30歳で初めてアルバイトをした
元ニートによるニート脱出の第一歩を応援するブログです。
またニート脱出を果たした方の情報や励ましのコメントも歓迎しております。
お互い色々重く考えてしまうことも多いと思いますが、
なるべく気軽に進んでいきましょうね♪

   ハードルを下げることの大切さ

結論
 やれない、できない
        =ハードルが高い
※気力の尽きている状態で長い文章を読むのは大変かと思います。
 何度かに分けて少しずつゆっくり読んで下さいね。


 ここを見てくれている皆さん、
 やりたいっていう気持ちや
 やらなきゃっていう気持ちを強く持っていると思います。

 でもでもでも!
 そう思っている筈なのに動けない。


 動けない‥動けない‥と 心で もがいているうちに
 自分はやる気がないんだ‥‥と誤認識。

 落ち込んでいって塞ぎ込んでいって
 より気力が削げていくんです。


 僕も引きこもっている間ずっと
 「やりたいのにできない、やりたいのにできない。」って
 あがいていました。


 実際やりたいって思ってますよねぇ。


 それって やっぱり あなたにとっての敷居が高いってことなんですよ。

 今でこそ自分のやりたいことや目標になっているせどりですが
 最初は面接不安から"これならできそう"と挑戦できたことですしね。




 何かに挑戦するということは口で言うほど楽ではありません。
 危機感で動けないのは、もう皆さんは体感済みでしょう。

 決して危機感が足りないから動けないのではなく
 行き過ぎた危機感は無気力を呼びます。


 なので怖いままでは挑戦できません。


 「失敗したっていいんだ」
 「失敗したってなんてことない」
 「そもそもこれは練習」
 こんな風に思えて初めて挑戦できるようになります。


 だから怖いと感じることはまだ早い、
 敷居をやれそうなところまで下げてあげる必要があります。

 そうすることで怖い気持ちを少しずつ軽減しながら
 ちょっとずつ上を目指していくんですね。



 一見仕事探しの中で最初の難関は
 面接のように思えるかもしれませんが、
 実際は応募できないっていう部分が難関だったりします。

 だから最初は応募することを目標にして
 まずは求人サイトを見ることができるようになることを
 目指してみるのがいいと思います。


 他にも電話が怖いというのもわかります。
 僕は小学生の頃、転校の電話の後から電話が怖くなりました。

 これは大いに仕事探しに影響しましたが、
 電話応募からハードルを下げて
 メール応募に絞ることで解決しました。

 回避という手段なので根本的には解決していないのかもしれませんが、
 今はそんなことはどうでもいいんです。

 自分のレベルが上がったら挑戦すればいいんですからね。



 多くの人は焦りの気持ちを持っていると思います。

 明日にでも就職したいって考えてしまう中、
 こういった姿勢は悠長に見えるかもしれません。

 ですが、やはり動けないで時間をかけてしまっているのなら
 ゆっくりじっくりハードルを下げて、
 ありんこの一歩でも前進していくべきなんですね。

 どうせまだしばらく引きこもりが続きそうと考えてしまうなら
 あえて長い目で見て脱ニ を目指してみましょう。

 案外その方が早く問題を解決できると思いますよ。


応援クリックして頂けると喜びます!僕も1日1回ツイッターで みんなを応援中!
ランキングサイトへにほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
コメントはお気軽にどうぞ♪
この記事へのコメント
どうも初めまして!今年でニート歴8年になる26歳のミックです。私は高校卒業してすぐに印刷工場に就職したのですが、職場の人間関係と過酷な勤務態勢に、軽く鬱状態にり2ヶ月で退職しニートになりました。当初はすぐにでも復帰できる思っていたのですが、そんな簡単には復帰出来ませんでした。しかし一年後に勇気を出して、ホームセンターでアルバイトをしました...が一週間後には辞めてしまいました。そこから7年今に至ります。この8年罪悪感とと未来への不安を毎日抱きながらも、自分の心の弱さに嘆いて来ました。でもこのままでは本当に駄目だと思い、同じ環境や体験をした人の意見や体験談を聞きたいと思っていたら、ここにたどり着きました。こんな僕でもまだ社会復帰のチャンスはありますか?いきなりの長文すみません]
Posted by ミック at 2013年07月12日 22:28
>ミックさん

あります、これは言い切れます。

8年間もその気持ちに耐えてきたんです。
もうきっと色んなことに耐えられますよ。

僕自身も人づきあいは下手ですが、
それでも身近な人にはいい人に恵まれてきました。

それだけ回りにいい人もいるということです。


その罪悪感は、その時の勤務態勢がいけなかったんであって、
ミックさんは何も悪いことなんてしていないはずです。

自分が弱かったから挫折してしまったのではなくて、
その環境が自分を弱らせてしまったんですよ。


未来への不安はひとまず
最低限のお金さえ稼げればどうにだってなります。
ものすごく少ないお金でやりくりしている人もいるみたいですしね。


そして何より世の中人手が足りていないわけですし、
いくらでも入る隙間があります。
求人広告やサイトを見ていれば一度は
大量募集、100人大募集みたいな言葉を見かけることがあると思います。

8年という月日は長かったと思いますが
26歳という年齢はとてもとても若いです。
今33歳の僕でもしぶとくしつこく続けていれば
どっかしら就職できるんじゃと思ったりもしますし、
アルバイトしながら就職のチャンスだってあると思います。

もちろんそこが辛いならアルバイトのままだっていいんです。


今ご両親等、世話を焼いてくれる人がいるなら
そういった人に感謝しつつ、最初のお給料が貰えるまで
電車代やお昼代を協力して貰うといいと思います。


それではミックさんが重く感じない程度に
程々に応援しておりますので
ちょっとずつ程々に頑張ってみてくださいね。

最後にインターネットにある
ニートにキツい内容の書き込みとかは
気にしない‥‥というか見ないで下さい。

あれは本当に半日不安で寝込む位、心をえぐられます^^;
Posted by のめのん at 2013年07月13日 02:45
「まぁ、ましかと思える方を選ぶ」

という考えは大事だと思います。

ニートになってしまう人は案外、

真面目な人が多くて、

「こうでなくてはならない」

という考えが強いのではないかと思います。

「まぁ、やらないよりましか」

程度の動機で始めるぐらいがちょうどいいのかもしれません。
Posted by タケゾウ at 2013年07月24日 22:46
>タゲゾウさん

「まぁ、ましかと思える方を選ぶ」
大切ですね。
何事もハードルが高く感じてしまいがちですし、
消去法で"まし"を選び取るのは大切な手段だと思います。

「まぁ、やらないよりましか」
読まない無料求人冊子を貰いに出かける。
応募しない店頭求人を見てみる。
こんなことでも何かのきっかけになるかもしれないですしね。
何より動いたことが動かないことより"まし"なわけです。
Posted by のめのん at 2013年07月25日 02:41