アルバイトの考え方、探し方 1 - 優しい人・理解者限定!ニート・引きこもり脱出応援ブログ!

 

ブログを引っ越しします。
新しいブログは こちら です。




   アルバイトの考え方、探し方 1

結論

 選ぶ、そして挑戦or妥協
※気力の尽きている状態で長い文章を読むのは大変かと思います。
 何度かに分けて少しずつゆっくり読んで下さいね。


 まず第一に"仕事を選べた身分じゃない"は間違え、

 大 間 違 え。


 あまり否定するべきではないのですが、
 ここはハッキリ否定しましょう。

 「何でもやれ」は無責任なタイプの厳しい人が言った
 耳を傾けてはならない脱ニ を妨げる言葉です。

 "仕事を選べた身分じゃない"は脱ニの前進を妨げる間違った認識です。


 僕達にも選ぶ権利はあります
 ‥‥というと説得力がありませんが、
 続けるためにも選びます。

 できないことに恐怖しないためにも
 できそうなことを選びます。

 前進するためにも
 できないことは候補から外します。

 できないことは
 できないんだから止まります。

 選べた身分じゃないからって
 始められないんだったらできないと同じ、
 それよりもできそうなことを掘り出してみよう。

 選べた身分じゃないからって
 膨大な仕事の中から どうせ選ぶんです。

 そのとき何でもやれと厳しい視点になると
 こんなことできないと感じて止まります。

 何でもやろうとして動かないより
 何か一つでもマシなことを絞り出して動いてみよう。



 大切なことなのでもう一度言いますよ。

 "仕事選べた身分じゃない"は捨て去って下さい。


 あなたも選んでいいんです。
 むしろ選ばないといけません。
 そしてあなたにとって楽な考え方をしてください。



 次に何をやるか、ですが
 やりたいことは おそらくないのではないでしょうか。

 やってみたいことがあれば それでいいのですが、
 それがあれば苦労もしないでしょう。

 もしくはやりたいことに挫折、
 もしくは見切りをつけて
 今に至るパターンもあるかもしれませんね。

 そういった場合も そちらの方面に戻るのでなければ
 何ができそうか、何をしてみるかを
 選ばないといけませんね。


 また"自分に何ができそうか"についてですが
 これも自信のなさ故に
 「自分にできることなんて何もない」
 と思っているのではないでしょうか。

 なので 何ができるか から選ぶと
 やっぱり止まってしまう危険があります。

 だから できることもあまりない 前提で考えていきましょう。


 そうなると選び方は次の二つになると思います。

 1挑戦する。
 2妥協する。


 1は僕達にはなかなか難しいことだと思います。

 やったことがないけれど適正がありそうな仕事。

 適正があるかもわからないけれど できそうだと思う仕事。

 ある程度前向きになっていないと挑めないかもしれませんね。


 ですが何より

 新しい体験ができる、

 できることを広められる

 といった利点があります。

 自分の成長に繋がりますね。



 2は無難な選択です。

 自信なさ故に全部できないと感じてしまうなら
 消去法で「これならマシ」
 と思う仕事をすることです。

 「誰にでもできる簡単なお仕事です」というのを
 よく聞きますね。

 こういうのを選んでみるといいです。


 まとめると
 まず間違った認識を捨て去りましょう。

 ×仕事を選べた身分じゃない

 〇選ばずにできない仕事で止まるのではなく、
  できそうなことを始めよう。
  続けるために選ぼう。

 「やりたいことがない」「できることがない」を前提に

 「できそうなこと」「マシなこと」を選ぼう。

 最後に焦らずにいきましょうね。

 焦って怯んで できないより、
 ゆっくり小さな一歩進むことが大切です。


応援クリックして頂けると喜びます!僕も1日1回ツイッターで みんなを応援中!
ランキングサイトへにほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
コメントはお気軽にどうぞ♪
この記事へのコメント