アルバイトの考え方、探し方 2 - 優しい人・理解者限定!ニート・引きこもり脱出応援ブログ!

 

【ありんこの一歩でも前進。】→応援イラスト描いてみました。
大学卒業から6年のニート後、30歳で初めてアルバイトをした
元ニートによるニート脱出の第一歩を応援するブログです。
またニート脱出を果たした方の情報や励ましのコメントも歓迎しております。
お互い色々重く考えてしまうことも多いと思いますが、
なるべく気軽に進んでいきましょうね♪

   アルバイトの考え方、探し方 2

結論
 基本はネット、
 その他使い分け
※気力の尽きている状態で長い文章を読むのは大変かと思います。
 何度かに分けて少しずつゆっくり読んで下さいね。


 ツイッターや散歩ではタウンワークや
 新聞の求人広告を勧めていますが、
 これらは向き合うための第一歩や
 キッカケ作りです。

 実際に本格的に探し始める場合、
 まずはインターネットを利用しましょう。

 もちろん無料求人冊子や求人広告、
 店頭の求人張り紙も併用しても構いません。
 
 広く見ておいて損はないし
 いらない情報は
 ポイポイ切り捨てていけばいいです。
 (必要なページにふせんを付けたり、
 いらない情報には×印つけたりするといいかもしれませんね。)




 情報公開は日曜月曜が多いけれど
 僕達は毎日時間を使うことができますし、
 広く見ていきましょう。

 期限逃してしまっても
 それはそれでOK、また次があります。

 タウンワークは冊子とタウンワークネット、フロムAナビと
 内容がかぶる部分がありますが、
 冊子とインターネットでは
 使い勝手が違うのでネットの方を中心として
 ゴロゴロしたいとき、一覧でみたいときは
 冊子の方を見ましょう。


 求人サイトは以下のものを利用していました。


 タウンワーク
 フロム・エー ナビ
 バイトル
 LocoDoco net(現yumex.net)
 イーアイデム
 クリエイト
 an


 まぁどこもアルバイトがズラズラ〜と載っていて
 仕事こそ違えど似たようなものなのですが、
 やっぱりリクルート系が
 情報量が多いといったところでしょうか。


 僕はまずタウンワーク、バイトル、LocoDoco(現yumex)を見ておりました。

 タウンワークはフロム・エーと内容かぶっている部分もあります。


 通勤時間を重視していたので
 バイトルの地図から検索も重宝しておりました。

 バイトルのテレビCMでは
 「わぁ〜わたしんちのまわり、こんなに仕事あったんだ〜(´▽`)
 と言っていましたが
 僕んちは東京といっても田舎の方なので
 「ぅぁ‥、僕んちのまわり、全然仕事ないょ」といった感じでしたね。

 これらはキープリスト、応募済みリスト、一括応募といった
 機能面でも充実しています。


 LocoDoco(現yumex)は〜〜〜‥‥
 なんか見やすかったですね。

 anはかなり初期に使っていただけでした。
 最初は就職も考えていて、
 当時は正社員登用有りアルバイトに絞った
 サイトがあったり、メール相談があったりしたのです‥‥
 今はなくなってしまったようですね、残念。

 リクルート系から順番に有名サイトを見て回るといいです。
 時間はあるのだし、
 ぼんやりと自分のできそうな検索条件を設定しながら
 各サイトをまわってみてください。




 求人を見る際の気にしてはいけないポイントです。


 やる気のある人大募集!

 コミュニケーション能力の高い人大歓迎!



 ‥‥コレ、ビビる((((;゜Д゜)))怯む


 でもこれらは建前です。

 そりゃぁ雇う側からすれば優秀な人が欲しいですからね。

 そして僕たちはこれらの言葉に驚くほど怯みますね。

 この一言のせいで応募できないスパイラルにハマったり。

 でもこれは建前なので怯んではいけません。

 仕事内容自体が自分にできそうなことなら
 堂々と応募しましょう!




 次に要チェックなポイント


 100人大募集!

 大量採用中!


 これらは繁忙期限定の期間バイトだったり、
 事業拡大での大量採用だったりします。

 僕自身も初バイトと契約社員は
 この表示がありました。

 もちろん仕事内容も
 しっかりチェックしないといけませんが
 男女OKであれば重肉体労働ではないでしょう。


 逆に 男性のみ とかだとやめておきましょう。

 しんどい肉体労働が多いかと思われます。


 この表記は単純にたくさん人が欲しいわけなので
 ほぼ通ると見ていいです。

 さっさと決めて楽になりたい人向けです。

 "誰にでもできる簡単なお仕事です"表示も
 一緒にあったりするので
 挑戦しやすいと思います。


 最後に「肉体労働」に怯まないで下さい。

 男性限定のお仕事には
 十分怯んでくれて構わないのですが、
 軽作業だって肉体労働です。

 僕が一人でやっているせどりですら肉体労働です。

 要は余裕で耐えられる肉体労働が
 数多く存在しているということですね。

 手作業、ただの立ち仕事、
 僕達でもできることが数多くあります。

 これらの特徴はゼェゼェハァハァ疲れるのではなく
 程々に疲れることができることです。

 表現するなら
 「ふひ〜疲れたぁ、早く帰って座りた〜い」

 男性限定肉体労働の
 「ハァハァ、も〜ダメだ、ゲホッゲホッ、もう辞めよう、明日辞めよう。」
 とは違います。


 程々に疲れることは大切です。

 何が大切かって眠れるんですよ!

 仕事始めることができたってことで
 一つ悩みも消えたことも合わさって
 眠れるようになることなんですよ!

 最初のうちは朝起きなきゃ感があって
 寝付きが浅いかもしれませんが、
 慣れてくれば、しっかり疲れて
 しっかり眠ることができるようになります。

 ここは魅力ともいえると思います。

 だから簡単な肉体労働に関しては
 敬遠しないでおいてください。

 これらは僕達でも安易にこなせます。


応援クリックして頂けると喜びます!僕も1日1回ツイッターで みんなを応援中!
ランキングサイトへにほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
コメントはお気軽にどうぞ♪
この記事へのコメント