自分を過小評価しすぎることは‥‥ - 優しい人・理解者限定!ニート・引きこもり脱出応援ブログ!

 

【ありんこの一歩でも前進。】→応援イラスト描いてみました。
大学卒業から6年のニート後、30歳で初めてアルバイトをした
元ニートによるニート脱出の第一歩を応援するブログです。
またニート脱出を果たした方の情報や励ましのコメントも歓迎しております。
お互い色々重く考えてしまうことも多いと思いますが、
なるべく気軽に進んでいきましょうね♪

   自分を過小評価しすぎることは‥‥

結論

 自分の周りにいる人にも失礼。
※気力の尽きている状態で長い文章を読むのは大変かと思います。
 何度かに分けて少しずつゆっくり読んで下さいね。



 8/31深夜のアニメ『サーバントサービス』で出てきた一言

 「あまり自分を過小評価しすぎるのは、
  自分だけでなくまわりにいる人にも失礼ですよ。」



 はっ としました、

 こういう考えをしたことはありませんでしたからね。



 どういうことかといいますと、

 Aさんが自分を過小評価しすぎているということは
 Aさんのことを本気で想ってくれているBさんや
 大切に思ってくれているCさん、
 その他自分のことを考えてくれる人達の評価までも
 下げてしまっていることを意味するということ。


 「そんなあなたことを本気で想ってくれている
  Bさんはどうなってしまうんですか?」



 こ、これは‥‥‥

 身に覚えがあるだけに考えさせられるものがありました。



 パソコンが壊れて長期間パソコンなしだったときに
 会社の捨てられるパソコンを送ってくれた大学時代の友人、

 年に1回は会おうと企画してくれて相談に乗ってくれた同じく大学時代の眼鏡の友人、

 どんなに僕が嫌がっても飯飯言ってくれる高校時代の友人。



 みんな僕のことをどうでもいいやつとは思ってくれていないので‥‥
 いやはや、申し訳ないです。

 たしかに失礼だ。


 そしてこれが意味することは
 彼らまわりの人から見て
 あなたを大切に思うに足る人間であるということ。


 ‥‥彼らの応援に今すぐ答えろ、とは言いませんよ。

 プレッシャーかかっていいことなんかありませんからね。


 でもあなたからみて彼らが良き人間であるならば
 あなた自身もダメダメな人間ではないということなんです。

 ただ単に気持ちが落ち込んでいるだけ。
 勇気が出せないだけ。

 たとえ優秀で意欲と向上心あふれる
 素晴らしい人間でなかったとしても
 心が沈みきっているだけで
 他の普通の人となんら変わらないわけです。

 当然ダメダメでも無能でも使えないやつでもないわけですよ。



 おそらくここを見て下さっている人の9割9分は
 自分を過小評価しているはずです。

 僕自身含めて臆病型、恐怖症型、自信喪失型の
 ダメな時期にいる人の大部分は
 不当な自己評価をしています。


 ですので この言葉と 自分の知り合い達のことを考えてみてください。


 「あまり自分を過小評価しすぎるのは、
  自分だけでなくまわりにいる人にも失礼ですよ。

  そんなあなたことを本気で想ってくれている
  人はどうなってしまうんですか?」



 友達やご両親がいるあなた、
 まだ捨てたもんじゃないですよ。


応援クリックして頂けると喜びます!僕も1日1回ツイッターで みんなを応援中!
ランキングサイトへにほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
コメントはお気軽にどうぞ♪
この記事へのコメント