[バイト面接] vs空白期間 - 優しい人・理解者限定!ニート・引きこもり脱出応援ブログ!

 

ブログを引っ越しします。
新しいブログは こちら です。




   [バイト面接] vs空白期間

結論
 聞かれないことも多い
 素直に+前向きに。
※気力の尽きている状態で長い文章を読むのは大変かと思います。
 何度かに分けて少しずつゆっくり読んで下さいね。



 やっぱり僕達が立ち直ろうとしたときに
 まず気にしてしまうのが「空白期間」ですよね。


 でも実は指摘されないことも結構多くあって
 そこまで気にしなくてもいいことなのですが、
 いざ聞かれたら〜〜と考えてしまいます。

 特に空白期間が長ければ長いほど、
 一層頭を抱えてしまうと思います。


 3年も5年も10年も多少びっくり度の差はあれど、
 "長い"ということに変わりはないので
 ここらへんは引け目を感じずに‥‥は無理として、
 過去なのでどうしようもないし
 割り切るように自分に言い聞かせましょう。


 空白期間を説明しようとすると
 中にはその空白期間に何か意味を持たせて
 アプローチしようと考える方もいらっしゃいますが、
 僕はその必要はあまりないのではと考えています。

 もちろんしっかりしたことを言えればいいのですが、
 多くの人は特に何かしていたわけではないと思います。

 僕も現実逃避先はネットゲームでしたからね。




 大ウソでなければ、まぁマイナスにはならないでしょうが、
 あまり説得力のある内容にできなさそうなら
 無理に難しいことを言おうとせずに
 素直に答えておいた方がいい気もします。


 空白期間は正直に伝えても問題ありません。

 空白期間を受け付けない相手なら
 何を言っても受け付けてもらえませんからね。

 でもただ引きこもっていましたと答えるのではなくて
 過去はこう、で今は前向きと伝えましょう。


 「自分に自信が持てず引きこもっていましたが、
  今は前向きに頑張っております。」

 といった感じです。


 これだけで空白期間の話題は終わります。

 無理がありそうなら
 何かを煮詰めていた、とか
 自分の将来について考えていたとか
 言う必要もないです。


 普通のアルバイトで求められるのは、
 どれだけ稼いでくれるか、
 どの位成長が望めるか、
 といった将来性ではなく、

 変なことをしないか、
 問題を起こさないか、
 最低限の仕事をしてくれるか、
 無断で休まないか、辞めないか
 といった信頼性です。


 だから空白期間に心配がある場合も
 真面目さと
 立ち直って前向きになっていることを伝えられたら、
 ‥‥というと難しく聞こえますが、
 ほんのり雰囲気として出せればOKなんです。


 働いていたけれどチャラい人よりも
 引きこもっていたけれど真面目そうな人の方が
 よっぽど信頼していただけるでしょう。

 悪ふざけ写真のツイッターで騒がれている昨今なら
 尚のことです。

 悩み、辛さに対する理解者なら同情だってしてくれるかもしれません。


 「自分に自信が持てず引きこもっていましたが、
  今は前向きに頑張っております。」


 自分の言葉が思いつかなければ
 このままでOKです。

 ただ暗記して言おうとすると
 真っ白になって言葉が出てこなくなるので
 こんな内容のことを言おうと決めておいて
 あとは多少ぎこちなくても
 自然に出てくる言葉で話すのがコツだと思います。



 最後にヒントやコツ、例を並べておきますので
 参考にしてみてください。

 ・ボソボソではなくハッキリ言いましょう。
  声は大きい方がいいです。


 ・顔は軽くほっぺを上げて微笑んでいるような感じに。


 ・大ウソはいけないけれど、自分を演じる位の気持ちではいたほうがいいです。
  自分じゃない自分を言うことに抵抗感じるのはものすごく理解できます‥‥。
  最初練習のうちははありのままの自分でもいいのですが、
  相手の言ってほしいことを言えるようになりましょう。


 ・「どの位の期間働きたいですか?」
  →「なるべく長く働かせていただければと思います。」


 ・「何曜日希望ですか?」
  →「月水金の週3希望ですが、緊急時等土日も対応できます。」


 ・「○○だけれど大丈夫?」
  →「はい、問題ありません」

  より詳しい仕事の説明になると、
  その仕事のしんどい部分の説明を聞くことになります。

  そこでそれについて大丈夫?と聞かれますが、
  ハイハイ言っておけばいいです。

  考えるのは後にしましょう。
  心配でお断りするのは受かった後からでもできるからです。


  僕の体験談だと

  「現場は建物もなくて1日外で過ごすことになるのですが、
   やっぱり暑いんですよね、その辺り大丈夫ですか?」
   →「はい、大丈夫です〜('∇') (内心は結構ビビっている((((;゜Д゜))))」


 ・「なぜここで働きたいんですか?」
  →「この職種が好きだからです。」
   「過去に似たようなことをしたことがありまして」
   「草むしりのような黙々としたコツコツ作業が得意だからです。」



 あとは嫌なら辞めてもいいんです。

 まぁ誰もが言うことですが、
 とにかく1回やってみることが大切です。

 合わなければその時は辞めればいいし、
 それだけで応募から初出勤までの流れを経験したり
 慣れたりできますからね。


応援クリックして頂けると喜びます!僕も1日1回ツイッターで みんなを応援中!
ランキングサイトへにほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
コメントはお気軽にどうぞ♪
この記事へのコメント
文章を読んで、とても勇気付けられました!私は脱ニートをしようとバイトを探してますが、やはり空白期間が気になります。貴方の文章がとても読みやすく、心が軽くなりました!ありがとうございました!
Posted by もも at 2014年11月12日 12:33
ももさん、はじめまして!
そういって頂けると嬉しいです。

空白期間ってそこだけ見るなら
結局相手が気にするかしないかの2択なので
受け入れられない人は受け入れられないし、
気にしない人は信頼、信用さえされれば
問題なく働かせてくれます。

そうなれば結局条件のいい人から採用されていくことになるので
大量募集しているところなら難なく通っちゃったりします。

逆に僕達は僕達で
主婦さん等と違って時間に制限がない等
武器にできることもあるかと思います。

土日、残業、繁忙期の対応します、等々、
いいように使って下さって結構ですよっていうような
内容をアピールしていけば十分優位にだってなれるのではないでしょうか。

アルバイトなら人柄だけでも十分採用の条件になりますよ!
相手を安心させてあげてください。
Posted by のめのん at 2014年11月14日 22:44
記事を読みました!
恥ずかしながら短大を卒業してから自信をなくしてしまい就職もせずひきこもって6年………ふとこのまま燻ってていいのか?と思い始めて一歩を踏み出そうと…

いざバイト探しとなると不安が過り、空白の期間について聞かれたらどうしよう!とか不安がいっぱいで…いろいろ検索したらココにたどり着きまして自身が少し出てきました!

ありがとうございます(о´∀`о)
Posted by アスカ at 2015年03月29日 19:37
アスカさん、はじめまして!

空白期間なんて
向こうが気にするかしないかの2択ですからね。

気にする人には何言ったって無理でしょうし、
そこを論破しようと考えると
気持ちが折れます。

簡単な答えだけ用意しておいて
ダメなところはダメと割り切っておいた方が楽ってもんです。

雇ってくれるところなんて普通に存在するんで
あまり頭を抱えずに程々に頑張っていきましょう!
Posted by のめのん at 2015年03月29日 23:42