仕事が遅いんです;; - 優しい人・理解者限定!ニート・引きこもり脱出応援ブログ!

 

ブログを引っ越しします。
新しいブログは こちら です。




   仕事が遅いんです;;

結論
 頑張ってるを
 ちょっと演じる
※気力の尽きている状態で長い文章を読むのは大変かと思います。
 何度かに分けて少しずつゆっくり読んで下さいね。



 仕事が遅いことを気にしている人、
 いますよね。

 僕もです。



 手際が悪い ズキン


 直接言われていなくたって
 自分に言われているかのように
 感じてしまいます。


 それを気にして仕事探しができない、
 もしくは探せない原因のひとつになっている。

 あると思います。



 僕が仕事をしていって
 慣れていって速度も上がってきた頃、
 後輩さんが何人か入ってきたりしました。


 そこで気付いたのですけれども、

 すごくせかせかと
 引っかかりながらやる人と、

 じっくりだけど
 落ち着いている人。


 どうもその人の価値観で
 分かれている感じがしたんですよね。


 まず速くやろうとするか、

 丁寧にやろうとするか。(僕は後者)



 もちろん個人差はありますけれど、
 極端な話、慣れないうちは


 早くて雑か

 遅くて丁寧か

 のどちらかです。



 で慣れてきても
 達人にでもならない限り
 絶対にどちらかに片寄る
わけで
 ようは気にしないで
 丁寧にやりながら
 慣れてくるごとに
 自分なりに
 速さを意識していけばOKなんです。


 一種のしつけや教育として
 「正確さも大事だけどスピードも大切」
 と言われるかもしれません。

 ですがそれは
 別にあなたを咎めているわけではなくて
 教えてくれているだけなんです。



 少し皮肉っぽく言われることもあるかもしれません。

 でもそれはちょっと古い考え方で
 悔しい思いをさせれば成長すると思っているんですね。

 悪気は‥‥ちょっとはあるかもしれませんが
 やっぱりあまりありません。



 とりあえずその場は少しスピードアップしておきましょう。

 遅かれ早かれ仕事には慣れるので
 そうしたらある時
 極端にスピードアップしてみたり、
 速度アップの試行錯誤をしている風を見せてみたり、
 作業中にちょこっとあるような雑談で
 何を考えて動いているかをお話ししてみたり。

 "メリハリをつける"なんて
 いかにも頑張っているように相手に感じさせる
 ナイスな表現だと思いますよ。



 そうやって無茶な努力はせずとも
 ある程度演じることで
 相手に伝わる頑張りというものがあるんですね。




 僕自身も
 手際は悪いは 覚えは悪いはで
 劣等感だらけですよ。

 それでも
 来てくれてよかったよって
 言ってもらえたこともありました。



 作業もやっていれば
 体が覚えてくれて
 勝手に手が動いてくれたりしていきます。


 おのずそれなりに余裕も出てきて
 速度アップを試みることもできるんですね。


 別に達人になるわけじゃないんですから
 多少劣っていても
 ある程度早くなっていけばいいんです。


 能力差は絶対あるんですから
 ある程度は目をつむって貰いましょう。


 もちろん頑張りは見せながらね。



 場所によっては
 「間違えるならゆっくりやって」
 と言われるようなところもありました。

 具体的にはクロネコですね。

 全体的にエラーが目立っていたからでしょう。

 僕は指さし確認までするような慎重派なので
 そんな場面でも速度上げてほしい感じでした。(汗)




 P.S.
 "トロい"はホント
 トラウマ単語ですよねぇ(泣)



応援クリックして頂けると喜びます!僕も1日1回ツイッターで みんなを応援中!
ランキングサイトへにほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
コメントはお気軽にどうぞ♪
この記事へのコメント