あるあるニート苦悩 6 - 優しい人・理解者限定!ニート・引きこもり脱出応援ブログ!

 

【ありんこの一歩でも前進。】→応援イラスト描いてみました。
大学卒業から6年のニート後、30歳で初めてアルバイトをした
元ニートによるニート脱出の第一歩を応援するブログです。
またニート脱出を果たした方の情報や励ましのコメントも歓迎しております。
お互い色々重く考えてしまうことも多いと思いますが、
なるべく気軽に進んでいきましょうね♪

   あるあるニート苦悩 6

結論
 臓器移植に関心がある。



 劣等感、無力感、
 役立たず感、無能感から
 死ぬ前に一つだけ
 役に立ちたいという気持ちから
 出てくるんですね。


 いいことではあるのですが、
 残された人の気持ちは
 複雑かと思われますので
 あまり安易に考えすぎては
 いけないことかもしれませんね。


 もちろん自ら命を絶ってはいけませんよ。

 残された人が悲しみます。

 あなたを助けられなかったことに
 一生苦悩します。

 僕もそうやって亡くなっていった人に
 胸を痛めます。


 でもやっぱり何かあって
 自分が生きていけなくなったら
 無駄に燃やされちゃうより
 誰か助けられたらいいな〜って
 保険証の裏の記入欄には
 しっかり記入していたりします。


応援クリックして頂けると喜びます!僕も1日1回ツイッターで みんなを応援中!
ランキングサイトへにほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
コメントはお気軽にどうぞ♪
この記事へのコメント