やっぱり小学生は残酷だぜ‥‥ - 優しい人・理解者限定!ニート・引きこもり脱出応援ブログ!

 

ブログを引っ越しします。
新しいブログは こちら です。




   やっぱり小学生は残酷だぜ‥‥

結論

 子供はやんちゃ、割り切ろう
※気力の尽きている状態で長い文章を読むのは大変かと思います。
 何度かに分けて少しずつゆっくり読んで下さいね。



 ハイ、黒子ぢゃない方のバスケアニメネタでございます。
 (タイトルから変なコメントされるのではと心配だったのですが、
  まさか本当にコメントされてしまったのでタイトルを変更しました。
  ちょっとネタ度はダウン、ちょっとしたジョークとも受け取れるので
  そうだった場合、書き込んでくれた方ゴメンナサイですm(_ _)m)



 ‥‥それは置いておいて、

 最近やっと夢に出てこなくなりましたが、
 小中学校時代、嫌がらせ、おちょくり続けていた人達がいます。

 僕は恨みや憎しみを強く持った
 荒れているタイプの
 引きこもりではありませんでしたが、
 それでもああいう人たちを
 許せないような気持ちを持っています。

 いじめで自殺のニュースを見ると
 胸をえぐられるような気分になります。



 でもね、そんな人たちのことを考えている時間って
 とっても勿体ないです。

 一度連想してしまうと
 なかなか頭から離れなくなるのも事実ですが、
 そんなことを考え始めてしまったら
 やっぱり脳内で楽しいことを考えることに
 切り替えるよう努力をした方がいいです。



 やっぱり小学生、
 特に男の子はやんちゃなのが多かったります。

 これはいつの時代も変わらないことだったりします。

 それに苦しめられてきた僕達は
 たまったもんじゃありませんが、
 それでもそういうものだと
 割り切ってしまわないと
 過去に囚われて一生
 頭を悩まされ続けることになります。


 許せとはいいません、
 僕も許してはいません。

 彼らのいやらしい笑い方、
 その目、その声は脳に焼き付いています。


 でも彼らの中にも
 大人になって普通に落ち着いた人も
 多くいる筈です。

 だから許さずとも割り切って忘れてあげましょう。

 ぃゃ、彼らの為に忘れてあげるんじゃなくて
 自分の為に忘れるんですね。


 それでどうにか時間をかけて割り切っていけば
 幾分心の負担も軽減されると思います。

 何より追いかけられる夢とか
 後ろから蹴飛ばされる夢を見なくなると思います。


 何ていうか
 やっぱり小学生、
 というか子供ならではの残酷な子っています。

 いじめっこタイプじゃなくても
 そんなところがあります。

 小5か6のとき
 友達と遊んでいて
 「アリ殺し行こうぜ〜」と誰かがいって
 僕、一人で残ったことがあります。

 中3のときだったかな、
 道徳の授業で
 どんな内容だったかは忘れたけれど
 「教室に侵入したハチ、
  殺さなくてもいいんじゃないかな」
 というような内容を発表したことがあります。

 次の休み時間には身に覚えのある人に
 「宗教かよ」と、
 今思えば決まり文句を言われました。

 彼らは害虫を退治しただけですし、
 別に彼らを批判するつもりは
 なかったんですけれどね。

 蚊殺すなとか言いませんしね(笑)


 やっぱり男の子はやんちゃなのが多いんです。

 笑いながら弱者に手を出します、笑いものにします。

 いつの時代も当たり前のことなんです。

 そんなもんなんです。(もちろん全員じゃないですよ。)


 だから割り切っちゃいましょう。

 学校の先生にだって
 彼らを全員取り締まれませんよ。

 割り切って心の重荷を減らしましょう、なくしましょう。

 悔しいけどね、
 でもそれを軽減する意味でも割り切りましょ。


 おまけ
 黒子ぢゃない方のバスケアニメ、
 2回目の方から見ていました。
 ただの萌え系か〜と思いきや
 ギャグとして面白かったです。
 特に修学旅行?の回。



応援クリックして頂けると喜びます!僕も1日1回ツイッターで みんなを応援中!
ランキングサイトへにほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
コメントはお気軽にどうぞ♪
この記事へのコメント
申し訳ないです、
明らかに本文とはかけ離れた内容だったので削除させて頂きました。

最初は荒らしコメントかと思ったのですが
アニメの内容があれなので
捉えようによっては
ちょっとしたジョークとも受け取れるので
もしそうだった場合はごめんなさいです!
Posted by のめのん at 2013年12月08日 03:49
私も子どもアレルギーでした。子どもの声を聞くだけで、気分が悪くなりますし、スクールバスを見るのも気分が悪くなりました。彼らは破壊のプロです。でも、このままでは人生の課題はクリアできません。いつか、あなたへの子どもを課題にした試練が訪れると思います。私は小学生を教えるようになって、彼らの純粋さに感動しました。むしろ、大人のほうが残酷だと今は思います。
Posted by ざいざい at 2013年12月08日 08:31
ざいざいさん、コメントありがとうございます。

子供が苦手だったのに乗り越えて
教える立場にまでなれたってすごいですね!

僕自身は子供好きなので
(本文にある人を嫌がらせて喜ぶ人達以外ですが)
姪っ子が来るたびに遊び相手になっています。

なつかれているのがちょっと嬉しかったりします。

試練というとやっぱり僕は遊び相手になっているというだけで
ご飯とかおトイレとか
その他お世話という大変な部分をやっていないというのは
よく考えることですね。
Posted by のめのん at 2013年12月08日 22:55