行動編 - 優しい人・理解者限定!ニート・引きこもり脱出応援ブログ!

 

【ありんこの一歩でも前進。】→応援イラスト描いてみました。
大学卒業から6年のニート後、30歳で初めてアルバイトをした
元ニートによるニート脱出の第一歩を応援するブログです。
またニート脱出を果たした方の情報や励ましのコメントも歓迎しております。
お互い色々重く考えてしまうことも多いと思いますが、
なるべく気軽に進んでいきましょうね♪

   せどりの始め方 3

結論

 アマゾンのアカウントを取得する
※気力の尽きている状態で長い文章を読むのは大変かと思います。
 何度かに分けて少しずつゆっくり読んで下さいね。



 こんにちは、のめのんです。

 今回はいよいよ、
 アマゾンの出品者アカウント取得する作業に取り掛かります。


 今まで揃えてきたものも必要になります。
 ざっくり見てみましょう。



 必要なもの

 メールアドレス

  商品が売れた際にメールが届きます。
  また質問や不具合等の顧客対応にも使います。
  専用のアドレスを用意しておきましょう。



 銀行口座のカードや通帳

  銀行口座情報を入力する際に
  口座番号や口座名義人の入力が必要になります。



 クレジットカードorデビットカード

  カード情報を入力する際にカード番号や名義人の入力が必要になります。



 電話機

  認証用に受話できる電話機が必要になります。
  携帯電話でも、通常の電話回線でもどちらでも問題ありません。




 前知識として
 アマゾンには大口出品者と小口出品者の2種類があります。

 大口出品は、月額4900円と販売手数料がかかりますが、

 小口出品では月額が無い代わりに
 基本成約料として1商品売れるごとに100円がかかります。

 単純に月に50個以上売れば
 大口出品者の方がお金を消費しないということですね。

 僕も初月から50商品以上売ることができたので
 いきなり大口出品者でいいのですが、
 やはりいきなり月額登録は敷居が高く感じている筈です。

 僕も小口から始めましたしね。

 途中で大口に変更することもできますので
 小口から始めても問題ありません。

 大口出品者も3か月は無料ですので
 それだけあれば慣れくるでしょうし、
 一応大口がオススメです。




 それでは登録手順を
 順を追って見ていきましょう。

 まずはアマゾントップページを開きましょう。

→Amazonトップページを開きます。

Amazonentry01.jpg

 右上の

 「こんにちは。サインイン
  アカウントサービス▽」 にマウスを乗せると


 ウィンドウが出てきますので、
 「アカウントサービス」をクリックします。





Amazonentry02.jpg

 「出品用アカウント」をクリックして次の画面に進みます。





Amazonentry03.jpg

 Eメールアドレスを入力し、

 「〇初めて利用します」にチェックを入れ、

 
 「サインイン(セキュリティシステムを使う)」をクリックして
 次の画面に進みます。





Amazonentry04.jpg

 名前、フリガナ、Eメールアドレス入力し、
 ログインする為に使用するパスワードを決めて入力します。





Amazonentry05.jpg

 「小口出品オンライン登録へ」をクリックして
 次の画面に進みます。

 もちろん大口出品でも構いません。




 次の画面でいきなり出品になります。
 
 その後、出品用アカウント登録画面といった流れになります。

Amazonentry06.jpg

 アカウント登録完了後に
 もう一度出品するかを尋ねられるので、
 いきなり出品されることはありません。

 その時に出品しなければキャンセルできますので
 適当な本やCD等で出品の流れを体験してみましょう。

 お試しでブックオフに行って仕入れてきてからでもいいですね。


 まず本やCD、DVD等のカテゴリーを選び、
 その商品のグーグル検索と同じ要領で
 タイトルや著者、アーティスト名等で
 商品を特定します。

 下の枠でできるコードで検索すれば、
 間違いなく商品を特定できるのでオススメです。


 各コードの説明をしておきます。

 ISBNコード:本の裏表紙にあるコードです。

 UPC:そうそう使わないので今は覚えなくてもいいです。

 ASIN:アマゾンが商品ごとにつけているコードです。
    初心者が今この場では使うことはないでしょう。

 バーコードの数字や、CD、DVDの型番でも大丈夫です。



 入力できたら「出品手続きを開始する」をクリックして次の画面に進みます。





 次の画面では入力した商品の候補が表示されます。

 候補がなく1回で特定された場合は
 このページは飛ばされます。

 場合によってはズラズラ〜とたくさん表示されますので
 間違いのないように気を付けましょう。

Amazonentry07.jpg

 正しい商品の「マーケットプレイスに出品する」をクリックして
 次の画面に進みます。





 特定された商品が表示されます。

Amazonentry08.jpg

 まずコンディションを選択します。

 中古品で扱うコンディションは主に
 「中古 - 非常に良い」「中古 - 良い」「中古 - 可」の3種類になります。
 まずはこの3つを覚えておけばいいでしょう。


 中古 - 非常に良い

  新品同様とまではいかないけれど
  状態の良い商品に使用します。


 中古 - 良い

  一般的な中古のコンディションと捉えましょう。
  "普通"という表現がない為、
  仕方なく"良い"を使うといった感じです。


 中古 - 可

  主に状態の悪い商品に使用します。
  キズが多い、色ヤケがある、破れている、染みがあるような状態の商品は
  「可」にしましょう。




 次にコンディションの説明を書きます。
 先に悪い部分を書き、後に良い部分を書くのが基本です。

 例「カバーに若干の擦れがございますが、各ページはきれいな状態です。」




 在庫数は大抵は「1」でしょう。




 商品の価格は他の出品者の価格を見て決めます。
 同じくらいのコンディションの価格に合わせていくのが基本です。




 商品のSKUというのは
 商品1つ1つにつけられる自分で決められる整理番号のようなものです。

 つけ方は自由です。

 例えば B-used-yoi-20140131
 BookのB 中古のused 商品状態にyoi 仕入れた日2014年1月31日




 それより下はデフォルトのままで大丈夫です。
 「次へ」をクリックして次の画面に進みましょう。




 クレジットカード情報、出品者の情報、電話による本人確認を
 それぞれ個別のページに飛んで情報を入力します。

Amazonentry09.jpg

 上から順番にやっていきましょう。



 クレジットカード情報のページです。

Amazonentry10.jpg

 1つ1つ入力していきましょう。
 クレジットカード名義人はアルファベットです。

 入力し終わったら「保存」をクリックして
 前の画面に戻ります。






 次は出品者の情報の画面に飛びましょう。

Amazonentry11.jpg

 ここではあまり入力する項目はありません。

 店舗名を決めて入力しましょう。

 後からでも変更できるので気軽にいきましょう。

 お店の名前の考え方は様々ですが、
 なるべく個人出品者と思われないような
 信頼性のある名前を考えて下さい。

 加えて色々なものを扱うことになるので
 「〇〇書店」のように
 扱っている商品が限定されていそうな名前も控えましょう。

 入力し終わったら「保存」をクリックして
 前の画面に戻ります。
 





 次に「電話による本人確認」のページに飛びます。

Amazonentry12.jpg

 電話番号を入力して「電話を受ける」をクリックします。

 大丈夫、人間が電話をかけてくるわけではないので安心して下さいね。

 クリックすると
 その下に暗証番号が表示されます。

 自動音声での案内の後に
 電話でその番号を入力すると
 自動で進行し完了します。

 「続行」をクリックして前の画面に戻ります。




 「おめでとうございます!アカウントの設定が完了しました!」の表示がされ、
 次に進めるようになりますが、
 先程の商品を出品しない場合は、
 ここで終わってしまって問題ありません。

Amazonentry13.jpg

 出品の仕方も覚えられたと思います。

 実際は先程の出品情報を入力を
 もう少しまとまった画面で行うことになります。




 最後に銀行口座を設定すれば
 すべての準備が完了します。


 アマゾンのトップページから
 「アカウントサービス」→「出品用アカウント」から
 セラーセントラルのページに飛びます。

Amazonentry14.jpg

 右上の「設定」にマウスを乗せると
 候補が表示されるので
 「出品用アカウント」をクリックします。



 出品者アカウント情報が表示されます。
 今後アカウント情報の更新はここで行うので覚えておきましょう。

Amazonentry15.jpg

 銀行口座情報の欄の右端っこにある「追加」をクリックします。



 銀行口座情報のページに移動します。

Amazonentry16.jpg

 銀行番号、店番号は検索すれば調べられるので
 わからない人は調べてみましょう。

 口座の種類は、ほぼ普通預金かと思われます。

 銀行番号は個人個人で異なるので
 自分のカードや通帳を確認してみましょう。

 口座名義人は英数字やカタカナなど
 文字の種類に気を付けましょう。

 僕は最初ここで正しいのを入力できず
 数回振込に失敗して苦労しました。

 すべて入力したら「送信」をクリックして完了となります。





 長い時間お疲れ様でした!

 ここまで来れば
 商品を仕入れてきて、売ることができます。



 売れてからのことを簡単に書いておくと

 アカウントサービスからいける
 セラーセントラルの画面で
 未出荷の商品がある場合は
 注文管理の欄に目立つように表示されているので、

 売れた商品があった場合は
 防水用に100円ショップ等で買ってきたクリアパックに商品入れて、

 納品書を印刷し、

 納品書と一緒に印刷される宛先を封筒に貼りつけて

 その封筒に納品書とクリアパックに入れられた商品を入れて

 コンビニでヤマトメール便、
 または郵便局でゆうメールにて出荷、

 出荷が完了したら
 注文管理のページから出荷完了通知を出すと
 手数料を引かれた料金が残高として加算されていきます。



 今後やっていくに当たって自分で色々調べたりもすると思うので
 ヒントになることを載せておきます。

 検索ツール、せどり風神、せど楽チェッカー、せどりすと、せどろいどetc

 Amashowを見ること
 →Amashowを開きます。

 評価は消せる場合があること



 いつかせどりのブログを始めたら
 色々ノウハウを書いて行ったり、
 レポートとしてまとめていきたいですね。


 それでは今回はここで失礼します。



応援クリックして頂けると喜びます!僕も1日1回ツイッターで みんなを応援中!
ランキングサイトへにほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ

   せどりの始め方 2

結論

 銀行口座とカードの取得
※気力の尽きている状態で長い文章を読むのは大変かと思います。
 何度かに分けて少しずつゆっくり読んで下さいね。



 こんにちは、のめのん です。

 今回はせどりの銀行口座とカードのお話です。


 せどりを始める為には
 銀行口座とクレジットカード、
 またはデビットカードの取得が必須になってきます。


 一般の人と
 僕達のせどりの始め方の
 大きな違いはここにあります。


 クレジットカードってそもそもどんなもの?どころか
 銀行口座も自分で管理したことのない人も大勢いると思います。


 僕も親管理の口座があった位で
 自分の口座なんて大学卒業時点では持っていませんでしたし
 口座の作り方も知りませんでした。



 まずクレジットカードというのは
 一時的にお金を借りて物を購入し
 実際の支払いは後に発生するという特性上、
 この人にお金を貸せるかという信頼が必要になってくる為、
 収入のない僕らには
 クレジットカードの取得は絶望的になってきます。




 そこで便利なのがデビットカードです。


 こちらはクレジットカードっぽい機能がついているキャッシュカードです。



 物を購入した際に、

 クレジットカードは後に請求が発生するのに対して


 デビットカードは即座に支払いが発生する為、


 後から支払えないという状況が発生することがないので

 個人の信頼性が必要なく

 誰でも持つことができます。





 インターネットでは
 ほぼクレジットカードと同じような扱いができる為、
 アマゾンでもヤフーオークションでも利用できます。


 またキャッシュカードである為、
 銀行とそのまま結びついているので
 デビットカードが目的の場合は
 口座登録と同時に申し込みを行うことができます。





 さて、
 どこの銀行、
 どこのデビットカードがオススメかといいますと

 せどりにおいては
 楽天市場のポイントが溜まっていく
 楽天銀行のゴールドデビットカードをお勧めしたいところなのですが、

 ここは年会費がかかってきてしまうので
 まず最初は抵抗がある筈です。



 なので最初は

 年会費や入出金の手数料の存在しない
 スルガ銀行のデビットカード
を使っていくといいと思います。


 他の銀行にもデビットカードが存在しますが、
 年会費がかかったり、入出金に手数料がかかったり、
 携帯電話等の月額支払いができなかったりします。


 「デビットカード 比較」で比較サイトが検索にかかるので
 ご自分でも見てみてください。
 →Googleへ





 ここからはスルガ口座申請方法についてになります。


 まず必要になるものですが、



 必要なもの

 ・封筒

 ・プリンター

 ・ハンコ

 ・本人確認資料

     となります。




 それでは今回もひとつひとつ見ていきましょう。


 必要なもの

 封筒

  封筒は自分で用意することになります。
  サイズは指定されており、
  市販の定形最大サイズ(120o×235o)です。
  切手は料金受取人払郵便になっているので不要です。


 プリンター

  ここでもプリンターが必要になってきます。
  申込書を印刷するのに利用します。


 ハンコ

  お金のかかわることなので
  宅配便の受け取り等に使うのとは別のがいいかもですね。


 本人確認資料

  本人であると証明する為に指定された資料を提出する必要があります。

  提出書類は2種類必要です。



   1種類目 公的書類

    (1)運転免許証(コピー)

    (2)パスポート(コピー)

    (3)健康保険証(コピー)+ 住民票の写し(原本)


   これら3パターンのいずれか1つ




   2種類目 3か月以内の現住所の記載のある公共料金の請求書や領収証等

    (1)電気料金

    (2)電話料金

    (3)水道料金

    (4)NHK受信料

    (5)住民票の写し(原本)(1つ目で住民票の写しを選ばなかった場合のみ)


     住民票の写しというのは
     市役所で申請できるようです。

     原本は市役所で管理されていて貰えないから写しを貰います。

     運転免許証、パスポートがない場合、
     必然的に住民票の写しを貰いにいくことになると思います。

     その際にも身分証明書が必要になるので
     健康保険証を差し出しましょう。

     加えて300円の手数料がかかるようです。


     
     →本人確認資料について(スルガ銀行公式ホームページ)






 次に大きな流れについてです。

 1.お申し込みに情報を入力し、
   指示に従い入力された情報の記入された申込用紙を印刷します。

 2.ハンコを押す場所にぺったん

 3.申込用紙と本人確認資料を郵送します。

 4.10日程でキャッシュカードが届きます。

 5.利用開始!




 それではお申込みのページを見てみましょう。


 →お申込みのページ(スルガ銀行公式ホームページ)



 最初の画面では大きな流れを確認できます。
 surugabank01.jpg

 「お申込みフォーム入力へ」をクリックして次に進みます。



 次の画面では確認事項が載せられています。

 surugabank02.jpg

 「次へ」をクリックします。



 注意事項のページが表示されます。

 surugabank03.jpg

 「次へ」をクリックします。



 規約同意の確認のページが表示されます。
 同意しないと利用できないので同意します。

 surugabank04.jpg

 同意確認の □ にチェックを入れて
 「お申込みフォーム入力へ」をクリックして次に進みます。



 エントリーのページでは
 名前、生年月日、性別、住所、電話番号、メールアドレスを記入します。

 surugabank05.jpg

 ※印欄を全部記入した後「次へ」をクリックします。



 居住区分は今自分が住んでいる場所がどんなパターンかを答えます。

 surugabank06.jpg

 選んだら「次のページ」をクリックします。



 ご職業の欄は残念ながら
 「その他(無職)」を選択することになりますね。
 会社名、学校名や、その電話番号は空欄でOKです。

 surugabank07.jpg

 選んだら「次のページ」をクリックします。



 キャッシュカードの暗証番号と
 インターネットバンキングのログインパスワードを決めます。

 暗証番号はお金を引き出す際に入力することになります。

 仮ログインパスワードは
 インターネットバンキングを初めて利用する際に
 必要になります。

 surugabank08.jpg

 決定し記入したら「次のページ」をクリックします。



 入力内容の確認画面になります。

 surugabank09.jpg

 自分の入力した内容に間違いがなければ
 「送信」をクリックして申込書の印刷画面に進みます。



 申込書印刷と
 申込書必要事項記入の説明のページです。

 「申込書表示」をクリックする
 とPDFにて申込書が表示されるので
 これを印刷します。

 全部で5枚です。
 普通紙(ただのコピー用紙)で問題ありません。

 surugabank10.jpg

 印刷が完了したら
 インターネットでの作業はおしまいです。

 

 続いて申込書に必要事項を記入します。

 実際に提出するのは
 1枚目、2枚目、5枚目の3枚になります。

 3枚目は切り取って張り付けられる宛先、

 4枚目はお申込みチェックシートです。



 それでは1枚1枚見ていきましょう。

 1枚目

  ご署名に漢字でお名前を、
  お届印の欄にはんこを押します。

surugabank11.jpg

  1枚目は その2か所のみです。



 2枚目


  同じくご署名に漢字でお名前を、
  お届印の欄にはんこを押します。

surugabank12.jpg

  2枚目も その2か所のみです。



 3枚目

  切り取って張り付ける宛先が印刷されております。
  120o×235oの封筒を用意して
  切り取った宛先を張り付けて下さい。
  切手は不要です。

surugabank13.jpg



 4枚目はチェックシートになります。

surugabank14.jpg

  特に提出するものはありませんが、
  しっかりと忘れ物がないか、
  間違っていないかを
  確認しておきましょう。



 5枚目は
 口座の開設の目的を
 選択肢から1つ選んでチェック、

 あとは署名のみです。

surugabank15.jpg





 お疲れ様でした!


 あとは封筒を閉じて
 ポストに投函するだけです!


 次回はアマゾンのアカウントの取得について
 書いていきたいと思います。


 そうそう、お店の名前考えておいて下さいね♪

 アマゾンへの登録の際には
 お店の名前も入力することになります。

 いつでも変更できるので気楽に考えてみましょう。


応援クリックして頂けると喜びます!僕も1日1回ツイッターで みんなを応援中!
ランキングサイトへにほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ

   せどりの始め方 1

結論

 大きな流れと必要なもの
※気力の尽きている状態で長い文章を読むのは大変かと思います。
 何度かに分けて少しずつゆっくり読んで下さいね。



 こんにちは、のめのんです。

 今回はせどりを0から始める為に

 実際に仕入れに出かけるまでの

 大きな流れを見ていきたいと思います。



 大きな流れ、といっても
 それ程長い道のりというものでもありません。

 人によっては最初から持っている内容もあると思います。



 1 携帯orスマホ、プリンタ等必要なものを揃える。

 2 クレジットカードかデビットカードを作る。

 3 アマゾンに登録する。



 いきなりアマゾン登録でいい人もいるかもしれませんね。



 でも僕達はやっぱり状況が状況なので
 揃っていないものが多く存在すると思います。

 今回はそんな必要なものを見ていきたいと思います。



 必要なもの

 ・インターネットにつながったパソコン

 ・銀行口座

 ・クレジットカードorデビットカード

 ・パケット定額制加入のスマートフォンor携帯電話

 ・メールアドレス

 ・プリンター

 ・仕入れ資金


 あるといいもの

 ・小型バーコードリーダー

 ・カメラ、スキャナー




 それではひとつひとつ見ていきましょう。


 必要なもの


 インターネットにつながったパソコン

  ここを見ている人はほぼ解決していると思いますが、
  ないと始まりません。
  出品や管理ができればいいので
  高価なパソコンである必要はありません。



 銀行口座

  これがないとお金が入ってきませんので必須です。
  世間知らずな僕達の中には
  銀行口座を持ったことのない人も多くいると思います。
  僕も自分の口座を持ったのは大学卒業した後でした。
  親に教わりながらでしたね。
  今更恥ずかしがる必要もないので
  親、友人を頼りながら口座を作りましょう。

  詳しくは次回にまとめます。



 クレジットカードorデビットカード

  銀行口座と同じく必須になってきます。
  収入のない僕達には
  クレジットカードの取得は絶望的なので
  デビットカードを利用することになると思います。
  すでに持っている方は幸運!
  そんな状況に感謝しましょう!

  こちらも銀行口座とまとめて次回詳しく取り扱っていきます。



 パケット定額制加入のスマートフォンor携帯電話

  これも状態が状態だけに
  人によっては持っていない人がいると思います。

  バーコードリーダーを使いたい為、
  できればスマホがいいです。

  アンドロイドかiPhoneかは
  どちらでも大丈夫です。
  僕はアンドロイドですが、
  iPhoneの方が機種差が出ないそうなので扱いやすそうです。

  パケット定額も
  たくさん相場検索をするので必要です。



 メールアドレス

  メールアドレスもアマゾンに登録する為に必要になります。
  プロバイダーのメールアドレスでも大丈夫ですが、
  商品が売れた際に1品1品メールが送られてくるので
  アマゾン専用のメールアドレスを作ることをおすすめします。

 関連記事
 →Gmailを使ってみよう!



 プリンター

  自己発送なら納品書、
  アマゾンから発送なら商品ラベル、配送ラベルの
  印刷に必要になります。

  カラー印刷をすることはないので
  印刷ができれば問題ありません。

  インクもメーカー純正のものではなくて
  ダイソーに売っている安いのを使いましょう。



 仕入れ資金

  多ければ多い程いいし、
  108円で仕入れもできます。

  108円で仕入れできるなら
  ずっと108円でやっていこう、とは思わずにおきましょう。

  僕は結構それで視野が狭くなっていました。
  常に次のステップを見て
  徐々に200円、500円、1000円〜〜と
  高い仕入れをできるように
  収入を次の仕入れの資金にしながら
  しっかり増やしつつ
  以前より高い仕入れができるように慣れていきましょう。

  高額な商品程ライバルが減ってきて
  仕入れられる商品も見つかりやすくなります☆



 あるといいもの

 小型バーコードリーダー

  なくてもできなくはありませんが、
  大いに時間短縮に貢献してくれます。
  はじめのうちは
  これの導入を目標にしていくといいかもしれませんが
  できれば最初から持っていたいところです。

  ただしバーコード検索に頼りすぎて
  バーコードしか見ないようなせどりは
  スキルが成長しないので気を付けましょう。



 カメラ、スキャナー

  商品を撮影するために利用します。
  ヤフーオークションでは必須になってきますが、
  アマゾンでは必須ではありません。
  ただアマゾンでも単純に写真を載せるだけで
  商品の信頼性が大きく増すので
  商品画像があると優位になります。

  DVDやCD等、立体性の必要のない商品は
  スキャナーで画像を取り込んでしまうと
  いちいちカメラを構えなくていいので楽チンです。




 以上です。

 収入がないという特性上、
 継続的にお金のかかってくる
 携帯、スマホの契約がプレッシャーになってくると思います。

 もし最初から多くの環境が整っているのなら
 その環境ができている原因となる人に感謝しましょう。

 やっぱり僕らは支えられています。


 次回は銀行口座とデビットカードについて書いていきたいと思います。


応援クリックして頂けると喜びます!僕も1日1回ツイッターで みんなを応援中!
ランキングサイトへにほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ