メンタル編 - 優しい人・理解者限定!ニート・引きこもり脱出応援ブログ!

 

【ありんこの一歩でも前進。】→応援イラスト描いてみました。
大学卒業から6年のニート後、30歳で初めてアルバイトをした
元ニートによるニート脱出の第一歩を応援するブログです。
またニート脱出を果たした方の情報や励ましのコメントも歓迎しております。
お互い色々重く考えてしまうことも多いと思いますが、
なるべく気軽に進んでいきましょうね♪

   床屋さんで「きれいになったねぇ^^」と言われました。

結論
 人並みの外観の人が
 容姿を気にしすぎてる
 場合があるので注意。
※気力の尽きている状態で長い文章を読むのは大変かと思います。
 何度かに分けて少しずつゆっくり読んで下さいね。


 昨日、床屋で髪を切った後
 順番を待っている椅子のところで
 おじいさんに
 「きれいになったねぇ^^」と言われました。

 一体僕はいくつに見えているのかな?('∇')

 「ハイ、これで涼しくなります^^」と返しました。
 突発的なコミュニケーション発生でしたが
 上手く返せたと思います。

 ともあれこうやって
 人に良くして貰えることは
 すごく感謝です。


 僕は外観には
 それほどコンプレックスを持っていません。

 むしろ自分の外観の特徴は
 ずっとネタとして楽しんできた位です。


 「ねぇねぇ!
  (のめのん)くんの妹見たことある!?

  すっごいかわいいんだよ!
  兄と全然違うっ!」

 中学生の頃こんなこと言われたのも
 ずっと面白いネタとしております。


 小5のときは
 同じスイミングスクールの
 小3の子に年下と思われていたりしたこともありました。


 同じく小5のときは
 妹より背高いのに
 妹より小さいレンタルのスキーウェアだったか板を
 持ってこられたこともありました。
 (これはちょっとイヤだった(笑)



 実際に僕の外観は
 自称? 中の下の下の下の下の下の下か
 下の中の下位だと思っています(笑)

 要は人並みよりは下といいますか、
 でも人混み溶け込める程度です。

 なので本当に外観にコンプレックスのある人の気持ちは、
 察することはできますが、
 ちゃんと理解してあげることはできません。

 未経験だから仕方ないです。
 ただの童顔チビですし。


 失礼な話ですが、程度にもよるので
 以下の内容は
 人によってはアドバイスにも何もならず、
 申し訳ありません。


 以前尾木ママ(教育評論家の尾木直樹さん)の話題で

 「人並みの外観なのに
  外観のコンプレックスで
  外出できなくなっている人がいる」

 ということを聞いたことがあります。


 この点に関しては
 外観にコンプレックスのある人それぞれが
 ちゃんと客観的な視点で自分を見つめないといけません。

 テレビに出ている
 美男美女を基準にしちゃいけないです。

 都市部に歩いているイカした若者を
 普通としちゃいけないです。

 おしゃれで華やかな人と比べちゃいけないです。


 おそらくは人並みである人も多くいる筈です。


 僕も耳が前向きで
 トッポジージョなんて言われたことありますよ。
 (悪意なし)

 「お前顔でかいな」とか言われたことあります。
 (悪意あり)

 妹からは
 「腕細いよ。」「色白いね。」なんてね。
 (皮肉)


 過去にみんな何かしら言われてきたと思います。
 子供は無知ゆえに残酷なところがあります。
 逆に自分自身何か言ったことがあると
 心当たりのある人もいると思います。

 悪意の有無に関わらず
 そういうものなのでもう忘れましょう。



 高校の時に部活の女の子に

 「(のめのん)くん 足きれいーー」

 (えっ、すね毛生えてるんですけど・・・)Oo.Σ('□';)


 他にも腕を見て
 「(のめのん)くん 肌きれいーー」もあります。

 これらは誉め言葉ですね。

 色白やガリガリは見方によっては
 プラス要素にもなります。

 悩みの内容によっては
 プラスに変換できるかもしれないので
 場合によってはプラス思考に転換していきましょう。



 本当に容姿に恵まれず悩んでいる方には
 全く役に立たない内容で大変失礼いたしました。

 実際小6の頃に
 外観に恵まれない
 別のクラスの女子が
 自殺するなんて言って
 学年中騒ぎになったことがあるので
 お気持ち察するのですが、
 「その位の外見で悩んでるんじゃない!頑張って!」って
 普通の人たちを応援してあげてください。


 芸人さんは色んな外観の人が頑張っていてすごいですね。
 バナナマンの日村さんなんか見てると
 マインドなんだな〜って思います。

 ちょっと前に話題になっていたのが
 マスクとメイクですごい変身する
 ざわちんのメイクで
 ザブングルの「カッチカチやで!」の人が
 すっごいイケメンになってたことです。


 大多数の人は努力(とお金)で
 何にでもなれるんだな〜と思いました。

 まぁ、あそこまで変身させられる技術は
 並大抵の努力じゃ身に付けられないのでしょうが・・・。

 ただ多くの人は
 身だしなみで人並み程度になら
 いくらでも変れるというのは
 ちょっとした希望や期待になりますね。


 僕も自キャラを着せ替えできたりする
 近年のゲームの影響で
 ほんのちょ〜〜〜っとだけ
 ファッションに関心が出てきたりしています。

 お金をかけられるわけではないので
 何か服を買ったわけではありませんが、
 ヘルメットかぶった後は
 髪がぺったんこになるので
 帽子とかかぶってみたいです。

 どんなのが似合うのか全くわかりませんが。


 しばらく前にふと思い出したかのように
 「低身長 ファッション」でググってみたのですが、
 低身長には黒のスキニーパンツという
 細身のパンツ(ズボン)のがいいそうです。

 靴はパンツ(ズボン)の色に合わせた色にして
 裾との境目を消すことで身長を高く見せるんだそうです。

 色の合わせ方についてはデザイン科卒なので
 少しは勉強しているので役に立ちますね。

 こんな感じで少し調べてみると
 知らない世界も面白いものですね。

 関心のなかった世界も
 関心を持った後に訪れると
 見え方が変わってくるものです。

 みなさんも少し変身願望が出てきたら
 調べてみるといいかもです。

 ある程度融通が利くということは
 各種メディアが証明していますし、
 しまむら(お手頃な服のお店)がお似合いな僕は
 安くてそれなりによく見える服を見つけたいです。


 応援クリックして頂けると喜びます!僕もいつもみんなを応援してます!
ランキングサイトへにほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ

   外に居ることの居辛さ

結論
 気にしないでいい
 ということを
 頭で理解しよう。
※気力の尽きている状態で長い文章を読むのは大変かと思います。
 何度かに分けて少しずつゆっくり読んで下さいね。


 これ今でも少し残っています。

 ご近所の人目とかやっぱり少し気になります。

 ただそれって働いて遅くに帰ってくるものっていう
 自分の頭の中にある偏見的な常識のせいであって
 実際世の中には平日の子供の行事に
 必ず顔出せるお父さんもおります。

 バイトのシフトが午後からなら
 午前中で歩いている人もいるでしょう。

 夜勤してれば帰ってくるのは午前中です。

 在宅の自営業なら時間の組み立て方は自由です。



 ご近所との関係も薄いことの多い今の世の中、
 近所の目も赤の他人、気にしないでいいし、
 そもそも実際は何も思われちゃいません。

 それどころか顔すら知らないかもしれない。


 僕はご近所の顔あんまり知らないです。
 ってことは向こうもあんまり知らないことでしょう。

 みんなは知ってるかな?
 お隣さんの顔。

 昔ちょっと挨拶したことあるけど
 しっかり意識してないから覚えてないです、僕。

 ってことは向こうもさして気に留めていないことでしょう。


 別の方向のお隣さんは何となく覚えてる気がするけど
 無愛想だから知ったこっちゃないです。

 こっちは知ったこっちゃない、
 無愛想にしてるんだから向こうはもっと知ったこっちゃない、
 お互い知ったこっちゃない、




 大丈夫!! 知ったこっちゃない!



 仮に何か思われたとしても
 向こうも深く気にしたりはしない。

 不信に感じられたりとか、
 あの子なにしてるんだろうとか、
 変に何か思われたくない気持ちはわかるけど、

 それを気にしなくてもいい
         という知識
はとても大切。

 これは今後面接でも役に立ちます。

 引け目を持っているから感じてしまうけれど
 どうでもいいことなんです。

 だからそういうものと、
 知識として記憶して
 少し慣れておこう。

 慣れてきて、
 でもちょっと気になる気持ちは残るけど、
 それでも堂々としていよう。

 誰にも迷惑はかけないんだから大丈夫、
 どうでもいい、どうでもいい。


 応援クリックして頂けると喜びます!僕もいつもみんなを応援してます!
ランキングサイトへにほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ

   簡単だけど知らない モチベーションのごく簡単な構図

結論
 ×モチベーション → 行動
 〇行動 → モチベーション
※気力の尽きている状態で長い文章を読むのは大変かと思います。
 何度かに分けて少しずつゆっくり読んで下さいね。


 モチベーションを気にし始めたのは
 ここ1、2年です。

 そもそもモチベーションを意識したことなんてなくて
 脱ニには、きっかけだとか 勢いだとか
 ちょっとした勇気だとか 流れに乗るだとか
 そういったことの方が重要と考えています。

 ですが、このモチベーションというワードを
 気になさる方もいると思うので
 記事にしてみようと思います。


 多分多くの人がモチベーションを意識したとき
 「モチベーションを上げて行動しよう」と考えがちかと思います。

 よくよく考えてみると当然といえば当然なのですが、
 「自信」と同じで根拠なく湧き出るとは考えづらいですよね。

 そこにもやはり理由なり原因なりの根拠がないといけないわけです。


 ではその理由、原因を発生させるには・・・?

 う〜〜〜ん、やはり
 何かしらの行動があって起こりうることなんですね。

 仮に受動的に考えてみて
 誰かから刺激を貰ったとして
 その人と電話でもメールでも間接的なことででも
 接点となることが起こらないといけないわけで
 聞く、見るといった行動がついてきます。

 でも受動的にしても完全な待ちの姿勢では
 解決しないことはみなさんも体感していることでしょう。

 都合よく誰かから何かを誘われることを祈ったとして
 誰かに接点がないといけませんからね。


 だから何でもいいので行動を起こすことが大切になってきます。
 僕は散歩散歩いいますが
 そういった小さなことでいいんです。

 30分以上外出るゾ、とか気合い入れなくていいんです。
 5分だけやろうって思って行動すればそれでいいです。

 原因あってこその結果、
 つまり行動あって初めてモチベーションを得られる可能性が出てくる。

 だから「行動するとモチベーションが上がる」と考えた方がいいことになります。

 もし脱二の原動力としてのモチベーションを意識した場合、
 モチベーションを上げようとして苦しまないようにしましょう。


 このブログを見てくれる人は几帳面な方も多いと思いますが、
 こんな経験はないでしょうか。

 掃除、洗い物、始めるのは腰重いけど
 いざ始めてみるとキュッキュ、キュッキュ熱中してやってしまう。

 こういうの 行動心理学では「作業興奮」っていいます。
 何か始めると脳が活性化してきてモチベーションを得られている証拠ですね。

 だからモチベーションを上げる為の有効手段って
 「小さなことを1ステップとしてちょこっとやってみる」ということになります。


 ここまでは行動がないとモチベーションもないといった話ですが、
 さてさて、僕らが劣等感をもつ
 「やる気」だとか「熱意」だとか「自信」だとかは
 この延長線の話です。

 だから今は考えないでいいことです。

 たくさんモチベーションを上げていった先にあるもので
 おそらく一朝一夕で得られるものではないでしょう。

 ですがより前に向いた方向に向かっていく過程において
 結果を出せばモチベーションはその分多く上昇します。

 その為には「成功している」「進んでいる」と認識しておかないといけません。

 でもそんな「成功」なんて大それたことを
 底辺な僕らが感じられるわけもなく、
 そもそも仕事が決まることを「成功」とするなら
 それまで何も得られないことになるので
 モチベーションだって効果的に得られません。

 ですから結果というものを
 敷居を下げてもっともっと小さく細かく見て行きましょう。

 外に出たことが自分で自分を褒めていい小さい成功です。
 30分外を歩いたことが自分で自分を褒めていい小さい成功であり
 通過点としての1つのゴールです。

 それを3日続けられたことが褒められるべき小さい成功です。
 タウンワーク眺めたことが褒められるべき小さい成功であり
 次の通過点としての、やはり1つのゴールです。

 僕に関して言うなら
 モチベーション落ちていて
 ビジネスマインドを勉強する必要があると思って調べていて
 今日1日もあまり仕事進んでいないけれど
 得るものもあってみんなへの情報にも変換できて一石二鳥の成功です。


 そういった小さな成功を積み重ねて大きくなっていくのが
 興味や関心からくるものではない
 後付けのやる気だったり熱意だったり自信だったりします。

やる気とか熱意とか自信とかの図です。
 ま、理想的な形ですけどね。

 言うは易く行うは難し。

 だからこそ大切なのは
 気合を入れて取り組むことではなく、
 小さなことを1ステップとしてちょこっとやってみることなんですね。

 ということで今日もみんなの一歩を応援しております。


 応援クリックして頂けると喜びます!僕もいつもみんなを応援してます!
ランキングサイトへにほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ